小鳥と私と小さな庭 | お花とインコと手作りが大好き。広くあさ~く楽しんでます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by かお on  | 

悲哀の仕事

気付けばもう6月。
早いものですね~。

かお地方も既に夏の暑さでヘロヘロです。(´Д`) =3 ハゥー

ぴこがお空に帰ってからも
変わらず慌しい毎日を送っています。


先日はとり子の体育祭でした。

P5310400.jpg

ブレブレでごめんなさい。^^;

今年もリレーの選手に選ばれ、
なんとか1位を死守!
あのインドア・ゲーマーが逞しくなったものです。


バラもあっという間に咲いて

P5058484.jpg

あっという間に散ってしまいました。

P5229768.jpg

今年は例年以上に蕾が多かったのに。。
今はハダニの猛攻撃を受けてます。(´Д`) =3 ハゥー
こうやってバラ熱が冷めていくんですよね。苦笑


苺も豊作でした。

P5239883.jpg

だけど喜んで食べてくれる子はもう居なくて。。。

寂しい限りです。
もっともっとたくさん美味しいお顔が見たかった。

P5015914.jpg



あれから丸3週間。
私はまだ「悲哀の仕事」の途中です。

「悲哀の仕事」とは
1.喪失の事実を受容すること。
2.悲嘆にきちんと向き合うこと。
3・伴侶動物の居ない環境に適応すること。
4.亡くなった伴侶動物の心の居場所を作ること。

この4つの課題が達成出来れば悲哀の仕事は
完了したことになる。

と、先日図書館で借りたペットロスの本に書いてありました。
私はまだ3番くらいかな。苦笑

この本を読んで、自分はペットロスじゃないって思ってたけど
そもそもその考えが間違っている事を知りました。

「ペットロス」とは字の通り「伴侶動物を喪失すること」で
「ペットを失った人の一部に見られる心の病気のこと」では無い


伴侶動物を失って悲しいのは当たり前なんですよね。
この本を目にした時、手に取るのも躊躇われましたが
自分の悲しみを持て余し、混乱する気持ちがどうなるのか、
そんな不安が後押ししたんだと思います。

「愛するものを失った時、人は「悲嘆のプロセス」をと呼ばれる
心理過程を辿りつつ悲しみに対処していく」

その過程を読んでまさに今の自分の事だと、
お先真っ暗な気持ちに一筋の光が差したような気持ちでした。


第一段階は「ショック状態」
衝撃にうちのめされ、茫然自失となり、一時的に感情が鈍麻し
思考が混乱し、何も感じられない考えられない状態。

第二段階は「伴侶動物の死を認識する時期」
悲しみがわきおこり、心は激しく揺れ動き涙が止まらない、
心にぽっかりと穴が空いたよう。
同時に怒りの感情がわき、獣医師を恨んだり、周囲の家族・動物に
羨望や嫉妬で自分でも何に怒っているのか分からない。
また怒りは自分自身にも向けられ、自責の念に苛まれる。

第三段階は「悲しみから逃れようと、神や仏といった人智を超えた
存在と取引を試みる」

第四段階は「抑うつ状態」
怒りや敵意、自責の念や罪悪感といった激しい感情が消え
深い悲しみに沈みこむ。

第五段階は「現実の受容」
次第に諦めの境地に入り、心の整理をつけていく。

そして寂しさや悲しさが消えるわけではないけれど
悲しい別れを乗り越え立ち直ったといっていい状態になる。


もちろん、症状は様々、全ての人が感じるわけではありませんが
もし今、同じような悲しみの渦の中にいらっしゃる方が居たら
この本が何かの助けになるかもしれません。

新潮社 「ペットロス」 香取章子著


私は前回の記事に書いたように夫の前でも
普通の顔をするように心がけて
今は無理をしていたんだとしても
その内それが普通になると思ってました。

でも悲しい時は思い切り悲しんだ方が良いんですね。
平気な振りして悲嘆から逃げていては
いつか心に歪が生まれるかもしれない。


長々とスミマセン^^;

結局何が言いたいかというと
気持ちが切り替わるまでブログも書かないつもりでしたが
ぴこへの想いや悲しみを素直に書くことで
気持ちの整理を付けたいと思ったんです。


本の中にもありましたが、やっぱりご近所さんや友達には
言えないんですよね。
昔の自分がそうだったように、こういう気持ちは理解しがたいでしょう。
犬や猫ならともかく、鳥といえば尚更。
夫に話そうにも、ぴこの名前を言うだけで自然と涙が出ちゃうんです。

ぴこは私にとって特別な子でした。
動物好きな両親の元で育って、今まで沢山の別れを経験してきましたが
最初から最後まで自分一人で全て面倒を見たのは初めて。
見返りを求めない愛は娘への愛と同じ。
夫への愛には見返りを求めますが。笑
6年間一緒に過ごした家族が突然居なくなってしまった悲しみは
簡単には忘れられません。

私がぴこへの想いを口に出来る場所はここしか無いのです。
頂いたコメントにお返事を返す度に、
皆さんが悲しみを一つずつ引き受けてくださるように
感じられました。
本当に感謝しています。

つぶやくような暗い記事も増えるかもしれません。
不愉快に思われる方が居たらごめんなさい。
先に謝っておきますネ。^^;


そうそう、ぴこの初七日が過ぎて夫が戒名を付けてくれました。

「きみどりぴこぴこのすけ」

なんだそりゃ?
全然戒名じゃないんじゃん!
だいたい戒名って仏様の弟子となる為の名前だよね。苦笑

と泣き笑い。
こんな話を涙無しに笑って出来るようになるまで
もうしばらく私の「仕事」は続きますが
どうぞ暖かい目で見守ってやってください。


スポンサーサイト

Category : ぴこの事
Posted by かお on  | 16 comments  0 trackback

-16 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.06.03 15:03 | | # [edit]
ayame says...""
こんにちは
不愉快になんかならないですよー
いっぱいここで愚痴って悲しんで・・・
それでいいんじゃないかなぁ。
ブログに書くことで
自分の考えをまとめることにもなりますし
皆さんと話してると心も落ち着いてきますからね。
吐き出しちゃってください。

悲哀の仕事、なるほど、文章にするとそうなるんですね。
神や仏といった人智を超えた存在と取引を試みるって
ああ、私だわって思ってしまいました・・・^^;
天使学校に入った綾子を想像することで
気を紛らわせてましたし・・・。
かおさんは一羽飼いでしたでしょう?
だから喪失感が半端ないと思うんですよ。
他のコがいれば、
嘘でもこのコの為に元気になろう笑顔になろうって思って
早めに立ち直るきっかけになったりもするんですけど
それがないのでちょっと心配です・・・。

きみどりぴこぴこのすけ!
不謹慎かもしれないけど、
かわいい♪って思っちゃいました^^;
戒名なんて考えてなかったなぁ・・・
2014.06.03 17:41 | URL | #QHwcdr9. [edit]
なおみ says...""
こんにちは。
かおさんが、その本を手に取られたこと、よかったと思いますよぉ。
私もね、いずれ、そういう日が来るんだから、
準備なんてできないですけど、そういう本に助けてもらえる面も
あると思うので、覚えておきたいと思います。
教えてくれてありがとう。
ぴこちゃんといろは、同い年だからね。

それに、ここに書くってことも必要だと思います。
私も仕事が、身体がつらかったとき、
こんなに毎回愚痴ばかり書いて、読む人は気分悪いだろうなあって
思ったのですが、書かずにはいられなかった。
でも、書くことで、自分の気持ちが少しは楽になったし、
整理できることもあると思います。

私は聞き役しかできませんが、いつも応援していますよ。

とり子ちゃん、かっこいい~~!!
2014.06.04 21:24 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.06.04 22:17 | | # [edit]
ユカリ says...""
ブログって、楽しいことを書かなくちゃ、っていうものじゃなくって
いいと思います^^

そうやって、ぴこちゃんのことを想うかおさんのお気持ちを
綴ってくださることで

読ませていただいている私もぴこちゃんに
想いを寄せることができるんですから^^

紹介してくださった本、また手に取る機会があれば
手に取ってみたいです。

今は今なりの過ごし方が一番なんじゃないでしょうか^^
どうぞかおさんも自然体で^^

今日は大荒れのお天気ですが
とり子ちゃんは暑い暑い体育祭だったんですね。

我が子のみならず、
こうしてお友だちのお子さんの成長をうれしく思えるなんて
ブログがつなぐご縁があればこそ、だと思います。

ぴこちゃん・・・素敵な戒名だけど(笑)

2014.06.05 11:53 | URL | #uuBy4x0c [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.06.05 13:19 | | # [edit]
かお says..."鍵コメKさまへ"
私は子供の頃は気まぐれにしかお世話しなかったから。。
今回は余計に身に沁みました。
kさまには当分こんな想いはして欲しくないので
あまり深く考えないでね。^^;

ご自身も大変な時に話を聞いてくれてありがとうです。
難しい問題だから安易なことは言えないけれど
いつか必ず解決する時がくると思います。
私も心の中のぴこと一緒に応援してるからね!
2014.06.06 00:20 | URL | #- [edit]
かお says..."ayameさんへ"
相変わらず情緒不安定でスミマセン。^^;
口に出すのと字にするのとどちらも同じ効果が
あるようで、またまた皆さんに甘えてしまいました。

神仏との取引はayameさんとの想像とは少し違うかも。
もっと現実的なこと。
この本の例ではクローンの話などが書かれていました。
科学の発展が良いのか、悪いのか。。。
別の意味でも勉強になる本でした。

確かに喪失感はハンパ無いですね。苦笑
でも新しい子を迎える勇気はまだ持てないし
なるべく違う事に意識を集中するように心がけてます。
あとはこっそり太ったメイちゃんを見て癒されたり。笑
今私がぴこにしてあげられることは悲しみ、
懐かしむ事だけなので存分に哀しもうと思います。
ayameさんや皆さんが辿った道だと思えば心強いし
へなちょこな私ですが、これからもどうぞ宜しくお願いします。


2014.06.06 00:35 | URL | #- [edit]
かお says..."なおみさんへ"
優しいお言葉ありがとうございます。
でもなおみさんにはこんな想いをして欲しくないです。
私も覚悟していたつもりだけれど・・
いざその時にならないと分からないものですね。

この本を読んで冷静になれた部分も大きいけれど
こうして話を聞いてくれるブロ友さんの存在が
とても大きいです。
誰でも良い時ばかりじゃありませんものね。
なおみさんの愚痴も私にとっては人生の良い教訓です。
私の暗い話もどうぞ広いお心で読み流してやってください。
へなちょこな私ですがこれからもどうぞ宜しくお願いします。

いろはちゃんがぴこの分まで元気で長生きするよう
心から願っています!
2014.06.06 00:47 | URL | #- [edit]
かお says..."鍵コメKさまへ"
いつも優しいお言葉をありがとうございます。
それなのになかなかご連絡出来ずにごめんなさい。
今週こそ!と思ってるのに急ぎの仕事が入ったりで
機会を逸してしまいました。
私もそのお店へは度々行くんですが
まだペットコーナーに入る勇気が出ません。
今はまだ泣いちゃいそうです。苦笑

もしKさまが宜しければ使って欲しい物も
あるので近いうちにご連絡差し上げます。
その時にでもまた色々お話聞かせてくださいね。
ご縁があるよう私も願っています。^^

2014.06.07 00:23 | URL | #- [edit]
かお says..."ユカリさんへ"
優しいお言葉ありがとうございます。
どうしてもマイナス思考になりがちで。。
ついつい皆さんのご好意に甘えてしまうのですが
そんなんじゃあかん!と思ったら
時には辛口でしかってやってください。笑
ユカリさんにはこの本はまだまだ不必要かと思います。
出来るならこんな想いは誰にもして欲しくありません。

ご挨拶が遅れてしまいましたが
ブログでぴこの事に触れてくださって
ありがとうございました。
本当にぴこと本が繋いでくれたご縁に感謝です。
そちらはお天気大丈夫ですか?
激しい温度変化でぴーすけ君の体調が心配です。
ユカリさんも体調を崩さぬようご自愛くださいね。



2014.06.07 00:31 | URL | #- [edit]
かお says..."鍵コメRさまへ"
自分でも笑顔で想い出話が出来るようになったら
そこが「仕事」の終着点だと思っています。
こうして皆さんに暗い話を聞いてもらってるわけだから
残業しないように頑張らないとですね。苦笑

漢字にするとちょっと「族」っぽくないですか。笑
でも速そうでグーです。( ̄▽ ̄) ニヤ
いつもホントにありがとうです。
2014.06.07 00:37 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.06.08 16:10 | | # [edit]
かお says..."鍵コメHさまへ"
本当にHさまの仰るとおり。
ぴこを守っているつもりが守られていたのかもしれません。
小さなあの子に色んな事を教えてもらいました。
そして今の私を見たらきっとMちゃんと
同じように言うでしょうね。
似た境遇のHさまのお言葉は殊更身に沁みます。
ぴこを早く安心させてあげられるように私も頑張ります。^^
2014.06.10 18:00 | URL | #- [edit]
kgひろこ says...""
かおさん、お久しぶりです。
時々、うかがって記事を拝見していたのですが
なかなかコメできずにいました^^;
こちらの記事にコメント書かせていただきますね。

12日。
ぴこちゃんの日だ・・・と思い出していましたよ。
うちのぎんが4日。
本当に、あとを追うように、、、でしたもんね。

ぴこちゃんも、ぎんも、今ごろ楽しいお仲間たちとあちらで呑気に遊んだり
女子会トークとかで盛り上がっているのでしょうか?!(苦笑)
痛みや苦しみがない世界で、そうやって過ごしていて欲しいものですね。

一回目の月命日もとっくに終わり・・・
もういい加減、ぎんの‘祭壇もどきコーナー’をすっきりさせてあげないと、
と思っている今日この頃です。

若草色のめろんとの別れも5月でしたが(早いもので16日で丸5年でした)
めろんとまたひと味ちがう素敵なグリーンのぴこちゃんとのお別れも5月。
この深緑の季節は、色んな意味で忘れられない季節となりました。


これから不快指数高い日が多くなっていきますが(+o+)
お互い、体調に気を付けてまいりましょうね♪


2014.06.14 15:55 | URL | #GIyTZwcc [edit]
かお says..."kgひろこさんへ"
こちらこそご無沙汰してスミマセン。^^;
私も同じようにちょこちょこお邪魔してました。

そして先日きんちゃんの記事を拝読して
少し安心しました。
長いような短いような1ヶ月でしたね。
お陰様でぴこも虹の橋で雨に打たれることも
無くなったと思うので
きっと女子トークで飼い主の愚痴をこぼして
いると思います。苦笑

私達もぼちぼちと前に進まないといけませんね。
新緑を見るたびにぴことめろんちゃんを
青空を見るたびにぎんちゃんを思い出しながら
今傍に居てくれる家族の為にも頑張りましょう。^^
2014.06.17 09:03 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kotori217.blog.fc2.com/tb.php/732-c2b2c724
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。