小鳥と私と小さな庭 | お花とインコと手作りが大好き。広くあさ~く楽しんでます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by かお on  | 

ありがとうございました。

皆さま、お久しぶりでございます。

更新の無い時も見に来てくださった方、
まことにまことにありがとうございます。(´人`。)グスン



え~と、何からお話すれば良いのか。。。

結論を先に言いますネ。

ブログを引越しすることにしました。


おサボり中に考えていたことですが
このブログはぴこと共に歩んだ道であり
ぴこが居なくなった今、何を書いたらいいのか
分からなくなってしまいました。

大げさだけど、ぴこが逝ってしまった時に
私の中の何かも死んでしまった、
そんな風に感じるんです。
世界は何も変わらずに回っていても
私の見る世界は少しだけ違ってみえます。

このまま何も言わずに消えてしまおうか。。。
と思ったりもしましたが
でも基本的に書くことが好きだし、
ブログが私に沢山の出会いを与えてくれて
そこから新しい扉が幾つ開いたことか。。
おそらくこのブログの一番の読者である母にも
更新が無いのを心配されて、叱咤激励されました。苦笑

ぴこの四十九日も過ぎ、気持ちを切り替える為にも
引越しをする事に決めました。



古いお友達には「また~?!」って言われそうですね。^^;
FC2に来る前にOCNで初めてブログを開設しました。

そこで雛だったぴこをお迎えして、途中でFC2に引越しして
ハンドルネームも変えて今に至る、みたいな。笑

その最初のプロバイダーが近々無くなることになり
昔の写真をいくつか引き上げました。

まだ幼鳥だった頃のぴこ。

dscf0006.jpg



dscf0470.jpg

dscf0059 (2)


dscf0005 (1)

dscf0059_2.jpg


うーん、やっぱり可愛いなぁ。(´ー`*)。・:*:・ポワァァン

このブログもいつか消えてしまう時まで
残せるうちは残しておこうかと。
この先、また動物を飼うことがあったとしても
この場所はぴこの為だけに残しておきたいのです。

結局、私はぴこの毛引きも自咬みも治してあげられなかったけど
それでも同じような症状で悩む人の何かの参考になれば嬉しいし、
私の失敗を反面教師として小鳥と向いあって欲しいのです。

毛引きに関して経験から一つ言えることは
もし状況が許せるならば早い段階でエリザベスカラーを
使うことを私は薦めたいです。
見た目に可哀想に思い、私はなかなか踏み切れなかったけど
もしもっと早くエリカラを着けていたなら、羽の状態をあんなに
悪化させ、飛べない鳥になる事も無かったかもしれません。

一度大きな傷になると、気になって何度も同じ場所を突きます。
治ってはまた噛んでの繰り返しで皮膚の負担は大きくなり
ぴこのように突然変異をおこす場合もあります。
また、体が小さい分、少量の出血も命取りになるのです。

小鳥はデリケートな反面、環境に適応する能力は高いと、思います。
(セキセイだけ?ぴこだけ?かもしれませんが。^^;)
生きようとする力を信じ、寄り添ってあげてください。


このブログでぴこと過ごした5年間は
良いことも悪いことも含め、かけがえのない宝物です。
ブログをとおして知り合い、
一緒に泣いて、笑って、怒ってくださった皆さまも
私とぴこの大切な友人です。
本当に本当にありがとうございました。


新しいブログはこちらになります。↓

ポケットの中の幸せ

空っぽになってしまった心のポケットが
小さな幸せでいっぱいになるように
毎日を大切に過ごしていきたいです。


といっても内容はほとんど変わらないと思うけど。^^;
引き続き仲良くしていただけたら嬉しいです。




ぴこと友人達と過ごした素晴らしい時間に
感謝と愛を込めて。


dscf0005.gif



※引越しに伴いましてコメント欄は閉じさせていただきます。
 毛引き・自咬みなどの事で何かございましたら
 新しいブログの方からコメントくださるよう
 お願い致します。
 

スポンサーサイト
Category : ぴこの事
Posted by かお on  | 

一ヶ月が経ちました

ぴこが虹の橋へと旅立ってから1ヶ月が経ちました。

もう1年も経ったような気もするし
つい昨日の事のような気もします。

亡くなった直後は時間を持て余してしまいました。
そんなにベッタリしていたつもりもなかったけど
小さな小鳥の存在の大きさを思い知らされました。
そんな空白の時間を埋めるように
体を動かす仕事を探す、そんな毎日でした。

ちょっと前の記事にケージを片付けると書きましたが
実はなかなか片付けられなくて、
それから2週間近くそのままでした。
何も居ないケージに向かって話しかけ、
残っていた鳥臭を嗅いだり。。。
傍から見たらかなり怪しい人ですね。^^;


先週末に母と兄夫婦が来ることになり
やっと重い腰をあげました。

6年間を過ごしたケージにはぴこの残像が
あまりに多く残っていて
片付ける時にはやっぱり泣いちゃいました。
雨の中、半泣きで綺麗に洗って乾かして
今は目に付かない場所にしまってあります。


辛い仕事だったけど今は呪縛から解かれたような気分です。
自分で作った呪縛に勝手に縛られていただけなんですけどね。苦笑
そろそろ一区切り付けようかと思います。

1ヶ月が経っても悲しみが消えたわけではなく
今もぴこを思い出そうとすると
自然と両の手のひらを見てしまいます。
最後に見た硬くなったぴこが一番に脳裏に浮かぶんです。
楽しかった想い出は頑張らないと出てきません。

自責の念も一生抱えていくものだと思っています。
それはぴこが生きている間からずっと決めていたことです。
暗くて自虐的で独りよがりな愛だと分かっているけど
自分が納得できる方法が他にはありません。

あとはもう時間だけが解決してくれるのを待つだけ。


ぴこが亡くなる前も後も私を支えてくださった
皆さまに改めて御礼申し上げます。

P6020472.jpg

先日も夜中に書いた戯言を読んでくださった方が
居たようで。。幻の記事にしてごめんなさいね。^^;


情緒不安定な私の話を聞いてくれてありがとうございました。

P6120720.jpg

これからもずっと一緒。


正直まだあまり実感が湧きませんが
この言葉は大切に胸にしまって
前に進もうと思います。


生きてそこに存在する。
ぴこが最後まで欲していたこと。
痛くても、辛くても生きることを諦めなかった。
どんな事があっても私たちを愛してくれた。


pipi.jpg

そんなひたむきな強さを私も見習わなければ。

皆さまがこれからも大切な家族と
平凡で幸せな毎日送れますように。


P5018069.jpg


私もこれ以上ぴこの羽を濡らさないように頑張ります。
次回からは通常運転に戻りますので
改めましてどうぞ宜しくお願いします。




Category : ぴこの事
Posted by かお on  | 

絵の中のぴこ

かお地方もいよいよ入梅。

甘い香りで包んでくれたハニーサックルの花も
雨に打たれて散っちゃうかな。

P5239867.jpg

完全に押し負けているクレマチス”ジャックマニー”は
せいせいするでしょうけど。苦笑

P5239870.jpg


お天気が悪いとダメですねー

なんとなく気持ちもどんよりとします。


優しいコメントを読んでまた涙がぽろぽろ。(´_`。)グスン

なのに、お返事を書くのに時間がかかるドン臭い私。
みんなが寝静まった後にゆっくりお返事させてください。


唐突ですが、子供の描く絵が好きです。


ぴこが我が家に来て2年目。
とり子(娘)が小2の夏休みの宿題で描いた絵。

P6050571.jpg

今も部屋に貼ってあります。


中2になった今はもうダメですね。
何を描いても漫画ちっくになっちゃってつまらない。

大きくてまん丸の目のぴこ。

ちょうどこの写真↓の頃かな~

DSCF0054.jpg

小2のとり子の目にはこんな風に映っていたんだね。
子供の描く絵は時として写真よりも本質に近い気がして
ついつい時間を忘れて見入ってしまいます。


お友達の娘ちゃんもぴこを描いてくれました。


P6050584.jpg


ぴこ、笑ってるね。
可愛く描いてくれて本当に嬉しい。
ありがとう。


ぴこを失った激しいショックが薄れるにつれ
生々しい感覚も薄れていくのが
今はとても寂しいです。

ふわふわの羽の感触。
香ばしい鳥臭。
冷たくて少しざらっとした細い指。
噛まれた時の痛させえも。


ずっと憶えていたいのに。。。
せめて夢の中だけでもぴこに会いたい。

と、いつも思って眠るんだけど
昨日も会えませんでした。
とり子の夢には出てくるのにね、
想い詰め過ぎて嫌われちゃったかな。苦笑







Category : ぴこの事
Posted by かお on  | 

悲哀の仕事

気付けばもう6月。
早いものですね~。

かお地方も既に夏の暑さでヘロヘロです。(´Д`) =3 ハゥー

ぴこがお空に帰ってからも
変わらず慌しい毎日を送っています。


先日はとり子の体育祭でした。

P5310400.jpg

ブレブレでごめんなさい。^^;

今年もリレーの選手に選ばれ、
なんとか1位を死守!
あのインドア・ゲーマーが逞しくなったものです。


バラもあっという間に咲いて

P5058484.jpg

あっという間に散ってしまいました。

P5229768.jpg

今年は例年以上に蕾が多かったのに。。
今はハダニの猛攻撃を受けてます。(´Д`) =3 ハゥー
こうやってバラ熱が冷めていくんですよね。苦笑


苺も豊作でした。

P5239883.jpg

だけど喜んで食べてくれる子はもう居なくて。。。

寂しい限りです。
もっともっとたくさん美味しいお顔が見たかった。

P5015914.jpg



あれから丸3週間。
私はまだ「悲哀の仕事」の途中です。

「悲哀の仕事」とは
1.喪失の事実を受容すること。
2.悲嘆にきちんと向き合うこと。
3・伴侶動物の居ない環境に適応すること。
4.亡くなった伴侶動物の心の居場所を作ること。

この4つの課題が達成出来れば悲哀の仕事は
完了したことになる。

と、先日図書館で借りたペットロスの本に書いてありました。
私はまだ3番くらいかな。苦笑

この本を読んで、自分はペットロスじゃないって思ってたけど
そもそもその考えが間違っている事を知りました。

「ペットロス」とは字の通り「伴侶動物を喪失すること」で
「ペットを失った人の一部に見られる心の病気のこと」では無い


伴侶動物を失って悲しいのは当たり前なんですよね。
この本を目にした時、手に取るのも躊躇われましたが
自分の悲しみを持て余し、混乱する気持ちがどうなるのか、
そんな不安が後押ししたんだと思います。

「愛するものを失った時、人は「悲嘆のプロセス」をと呼ばれる
心理過程を辿りつつ悲しみに対処していく」

その過程を読んでまさに今の自分の事だと、
お先真っ暗な気持ちに一筋の光が差したような気持ちでした。


第一段階は「ショック状態」
衝撃にうちのめされ、茫然自失となり、一時的に感情が鈍麻し
思考が混乱し、何も感じられない考えられない状態。

第二段階は「伴侶動物の死を認識する時期」
悲しみがわきおこり、心は激しく揺れ動き涙が止まらない、
心にぽっかりと穴が空いたよう。
同時に怒りの感情がわき、獣医師を恨んだり、周囲の家族・動物に
羨望や嫉妬で自分でも何に怒っているのか分からない。
また怒りは自分自身にも向けられ、自責の念に苛まれる。

第三段階は「悲しみから逃れようと、神や仏といった人智を超えた
存在と取引を試みる」

第四段階は「抑うつ状態」
怒りや敵意、自責の念や罪悪感といった激しい感情が消え
深い悲しみに沈みこむ。

第五段階は「現実の受容」
次第に諦めの境地に入り、心の整理をつけていく。

そして寂しさや悲しさが消えるわけではないけれど
悲しい別れを乗り越え立ち直ったといっていい状態になる。


もちろん、症状は様々、全ての人が感じるわけではありませんが
もし今、同じような悲しみの渦の中にいらっしゃる方が居たら
この本が何かの助けになるかもしれません。

新潮社 「ペットロス」 香取章子著


私は前回の記事に書いたように夫の前でも
普通の顔をするように心がけて
今は無理をしていたんだとしても
その内それが普通になると思ってました。

でも悲しい時は思い切り悲しんだ方が良いんですね。
平気な振りして悲嘆から逃げていては
いつか心に歪が生まれるかもしれない。


長々とスミマセン^^;

結局何が言いたいかというと
気持ちが切り替わるまでブログも書かないつもりでしたが
ぴこへの想いや悲しみを素直に書くことで
気持ちの整理を付けたいと思ったんです。


本の中にもありましたが、やっぱりご近所さんや友達には
言えないんですよね。
昔の自分がそうだったように、こういう気持ちは理解しがたいでしょう。
犬や猫ならともかく、鳥といえば尚更。
夫に話そうにも、ぴこの名前を言うだけで自然と涙が出ちゃうんです。

ぴこは私にとって特別な子でした。
動物好きな両親の元で育って、今まで沢山の別れを経験してきましたが
最初から最後まで自分一人で全て面倒を見たのは初めて。
見返りを求めない愛は娘への愛と同じ。
夫への愛には見返りを求めますが。笑
6年間一緒に過ごした家族が突然居なくなってしまった悲しみは
簡単には忘れられません。

私がぴこへの想いを口に出来る場所はここしか無いのです。
頂いたコメントにお返事を返す度に、
皆さんが悲しみを一つずつ引き受けてくださるように
感じられました。
本当に感謝しています。

つぶやくような暗い記事も増えるかもしれません。
不愉快に思われる方が居たらごめんなさい。
先に謝っておきますネ。^^;


そうそう、ぴこの初七日が過ぎて夫が戒名を付けてくれました。

「きみどりぴこぴこのすけ」

なんだそりゃ?
全然戒名じゃないんじゃん!
だいたい戒名って仏様の弟子となる為の名前だよね。苦笑

と泣き笑い。
こんな話を涙無しに笑って出来るようになるまで
もうしばらく私の「仕事」は続きますが
どうぞ暖かい目で見守ってやってください。


Category : ぴこの事
Posted by かお on  | 16 comments  0 trackback

永久の別れ

ご無沙汰してすみません。

早くご報告しなければと思っていたのですが
なかなか言葉に出来なくて。。。
ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。

1週間前の今日、
5月12日(月)AM9:00頃。
我が家の愛鳥ぴこが永眠しました。


先月、6歳の誕生日を迎え
皆さんから沢山のお祝いのお言葉を
頂いたばかりなのに。。。
残された時間がこんなに短いとは
思ってもいませんでした。

ずっとお友達と愛鳥さんの別れを
疑似体験のように経験してきましたが
実際に自分の番になると
想像以上にキツいですね。苦笑

長くなりますが、
最後の時のこと、ぴこへの想いを書かせてください。




前日はほとんど食事をした形跡が無かったぴこを
翌朝、一番で病院に行くためにプラケースに移動しました。
いつもならギャーギャー鳴いて暴れるのに
ふと顔を上げただけで大人しく私の手に収まりました。
その体は驚くほど軽く、プラケースにそっと降ろしたら
崩れるようにガクっと羽を付いてしまいました。
嫌な予感はしたけれど、また注射をしてもらえば
元気になるはずと急いで車を飛ばし
診察券を出し、待合室でぴこを覗いたら
既に息絶えた状態でした。

慌てて医師も見てくださいましたが
既に死後硬直が始まっており
どうする事も出来ませんでした。

その病院はお迎え後の検診から、毛引き発症→自咬みと
6年間お世話になったので、泣きながらお礼を伝えると
先生は深々と頭をさげてくださいました。

数日後送られてきた葉書にまた泣かされました。

IMGP7556.jpg


怖そうだと思っていた院長先生は「怖い」のではなく
「真剣」だったんですよね。
命を扱う仕事の辛さを垣間見てそう思うようになりました。
長い間、お世話になりました。


原因が何かは結局分かりませんが
もう体力の限界だったんだろうと思います。
背寝している時間が日に日に長くなって
薄々もうダメかもしれないとは感じていました。
それでもいざその時を迎えてみると、ダメですね。

その後は、ご想像どおり。苦笑
ぴこの亡骸を抱いて、泣いて泣いて
比喩ではなく、体中が痛くなるほど泣きました。

こんなことなら無理に病院に連れていかずに
私の手の中で逝かせてあげれば良かった。

最後の最後まで私は間違えてしまった。



ぴこが居なくなって私に残ったのは
山のような後悔とぽっかりと胸に空いた大きな穴。
たまらない寂しさ。
ただただぴこに会いたいと願う気持ち。

ずっと傍に置いておきたかったけど
その日のうちに庭の片隅に埋葬しました。
いつかお別れの時が来たら
ここと決めていた場所です。
毎年花となったぴこに会えるからと思っていたけれど。。。

亡骸になったぴこを見て思ったことは
亡骸と抜け殻は似ている。
私の手の中にあるのはぴこにそっくりな器で中身は空っぽ。
あの重さは魂の重さだったんだ、ということ。
もう、ここにも、どこにもぴこは居ないんだという事実。


穴は一人で掘ったけど埋葬する時は
夫が一緒に見送ってくれました。
娘が学校に行っている間に済ませてしまったことが
良かったのかどうかは今も悩むところですが
今はあの子も自分のことで手一杯なんです。

ぴこが旅立つ前週は娘の部活の問題と
PTAの最後の仕事とお店の仕事と
全てが重なって本当に忙しく、家族揃って疲労困憊でした。
母の日も終わってようやく、落ち着いてぴこの
傍に居られると思っていた矢先、
まるで全てが解決するのを待っていたかのように
逝ってしまった。
もしも、それが喧騒の最中であったなら私はどうなっていたか。。

最後の最後まで頑張って、私を助けてくれた
そんな風に思えてなりません。・゚・(ノД`;)・゚・


あれから1週間。
だいぶ気持ちも落ち着きました。
発作的に涙が流れたり、
いつも居た場所にぴこが居ないことにも少しずつ慣れ、
鳴き声の幻聴に振り返ることも減ってきました。苦笑

それもいつも通りの生活と傍に居る家族のお陰です。

昔、うちでバイトしてくれていた高校生の男の子が
飼っていた犬が亡くなって悲しくて仕事を休ませて
くれと言ってきた時、了承したものの。。。
内心では「へっ!?」って思いました。
なんて私は冷たい女だったんでしょう。苦笑
今ならその気持ちが痛いほど分かります。

出来るならずっとぴこの事だけを想って泣いていたかった。
一人なら食事もとらなかったかもしれません。
でも哀しむ私を心配する夫と娘を放り出せるわけもなく
何も知らない友達と笑顔で会話したり
無理にでも食べて、ぎりぎりまで動いて、疲れ果てて寝る。
変わらぬ日常が私の回復を助けてくれました。


ぴこが亡くなってすぐ、たまたま偶然何人かの鳥友さんと
お話する機会があり、優しいお言葉や綺麗な花を頂いたことも
大きな慰めとなりました。

P5158939.jpg

P5158942.jpg

P5189018.jpg

毛糸のぴこちゃん、本物より可愛いね。^^

本当にありがとうございました。


ぴこは我が家に来て幸せだったのかずっと不安でした。


眠れない夜に改めて過去記事を見直していたら
そこには楽しそうなぴこがたくさん居ました。
辛い、痛い思いもたくさんさせてしまったけれど
けしてそれだけじゃ無かったんですね。
私達家族を最後の最後まで全力で愛してくれた。
昔飼っていたオカメインコを不注意で亡くしてしまい
それがトラウマとなって、
以降絶対に動物は飼わないと決めていた
夫の心もほぐしてくれたぴこ。

幸せそうな顔を写真に残せて良かった。
ブログをやってて良かったと心から思います。

ぴこが私に多くのを出会いを運んでくれました。


昔、皆さんからいただいたコメントを今、読み返しても
胸がジーンとなります。
本当にたくさんの方に支えてもらってここまで来れた。
今までぴこを可愛がってくださった皆様には
心からお礼申し上げます。

どうぞ最後の顔を見てやってください。

P5128909.jpg


気が強いくせにビビリで甘えん坊だったぴこ。
今までよくがんばったね。
もう何も苦しまなくて良いんだよ。
どうかもう一度羽ばたくことができますように。
ありがとう、大好きだったよ。

P4266933.jpg

最後にエリカラを外せたことは頑張ったぴこへ
きっと神様からのプレゼントだね。



明日からはまたいつも通りの毎日に戻ります。
お店のブログの方は仕事として続けますし
こちらにもぴこの想い出や花の写真を気まぐれに
アップすると思います。

夫と娘は私を気遣って新しいインコを飼えばとも言ってくれます。
ホントはその方が良いんでしょうね。
愛情は遺伝するってムツゴロウさんも言ってましたから。笑
でも鳥はもう飼えないかも。。。
先の事はまだ分かりません。
いつの日か自分を許せる日もくるのかなぁ。

今はゆるゆると時間薬に身を任せたいと思います。
情緒不安定な私の傍に居る夫にも申し訳ないし
早くぴこを「雨降り地区」から出してあげられるように頑張らなくちゃ。
私よりもっと辛い別れの経験をしている人が大勢いて
みんなそれでも前へと進んでいるですものね。


長々と暗い話を読んでくださりありがとうございました。
皆さまと大切なご家族が、それぞれに幸せな時を
1分1秒でも長く過ごせるようぴこと一緒に願っています。

Category : ぴこの事
Posted by かお on  | 47 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。