小鳥と私と小さな庭 | お花とインコと手作りが大好き。広くあさ~く楽しんでます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by かお on  | 

病院に行ってきました

今朝一番でぴこの病院に行ってきました。

症状を話して、診ていただくと特に痒がっている羽の付け根の辺り(人でいうと脇の下)
は羽も抜けて皮膚が赤くなり、かさぶたのような物も出来ていました。

体にセロテープをペタペタと押し当て、ダニがいるかどうか調べてもらいましたが
幸いダニは見つからず、糞便の検査でも異常なし。

結局「ストレスからくる毛引き」ではないかと言われました。
ストレスの根本にあるのは発情
発情抑制の為にとケージの置き場所を頻繁に変えていたのですが、
ぴこにとっては過度なストレスになっていたようです。
そしてやっぱり太り過ぎ(餌の与えすぎ)も発情の一因なので、本格的にダイエットしないとダメみたいです(><。
多尿の件については、この程度の量なら発情によるものではないかな~という事で特に検査は無し。

痒み止めの飲み薬(抗ヒスタミン)を処方してもらって帰ってきました。
ダニじゃなくて良かったのか、悪かったのか・・・。


家に帰って、ケージからたまにチューチュー言っていたブランコも撤去。

kebiki4.jpg


ガラ~ン。寂しいケージになりました。
ちなみに右端にぶらさっがている灯篭みたいなのは娘がぴこの為に作ったお守りです。

kebiki1.jpg

中身は綿の実なんですけどね(^^;
お守りが効くといいな~


そして、ぴこを甘やかす名人の主人にはキツク言い渡しました(-"-

お薬を飲んでいくらか羽繕いの回数が減ったような気もするけど・・



はしごにてセルフカキカキ中のぴこ。
やっぱりそんなにピタリとは収まりませんよね。

kebiki2.jpg

後は餌の量を減らすこととスキンシップの仕方を変えること。
シードの量は1日5,6gで充分という事で、ぴこには全然足りない量だと思うけどこれも体のためよ!

ぴこが頭を上下に振ってチューチュー言う仕草が可愛くて、よくちょっかいを出していましたが、
それでは益々発情を促してしまうので
餌を減らして、お腹が空いた状態で餌を上手く使って、芸を教える(犬のお手や伏せのように)
呼んで飛んできたら餌をあげるとか。
運動にもなって一石二鳥だし、セキセイでも結構憶えますよ~と先生は言ってました。

keibiki3.jpg

まあまあ、そう深刻にならずに(^^;
今まで甘やかし過ぎたママも反省するから一緒に頑張ろうね。


余談ですが、香水や芳香剤など匂いもストレスの一因になることがあるそうです。
鳥の嗅覚ってあまり意識した事が無かったので驚きました。
ウチでは当てはまることは無かったけど、鳥も人とあまり変わらないんですね。

ご心配頂いた皆様、どうもありがとうございました!
とりあえず今週いっぱい投薬生活頑張ります。トホホ。。。

kebiki.jpg


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Category : ぴこの事
Posted by かお on  | 14 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。