小鳥と私と小さな庭 | お花とインコと手作りが大好き。広くあさ~く楽しんでます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by かお on  | 

お引越し

なんだかんだと慌しく過ごしています。
年内中にあと何回更新出来るか・・
皆さんの所にもお邪魔しているんですが
コメントを残せなくてごめんなさい。
師走ということでご勘弁ください~(´人`。)

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・

さて、前記事の最後にも書きましたが
月曜日にぴこの病院に行ってきました。


体調が良ければレントゲンを撮るはずでしたが
あまりに発情が酷くて見送り。


なんで発情が酷いとダメなのかと言うと
卵を作る為にカルシウム不足となり
骨が折れやすくなるんだそうです。


触診ではまだ卵は無いようでしたが
かなり骨盤が開いているそうです。(´Д`|||) ドヨーン
しかも卵が出来る時は1日で出来てしまうとか。。。


病み上がりで体調が万全とは言えないぴこ。
4歳になりますがまだ産卵の経験もありません。
こんな状態で卵を持つのは非常に危険だという事は
素人にも分かります。
鳥にとっても産卵は命がけなんです。

幸い、体調は安定しているので、レントゲンを急ぐよりも
発情を止める方が先決だということになりました。


なので点滴(皮下注射)だけしてもらって帰宅。


病院に行くだけでもストレスになるはずだし
発情も少しは収まるかと思ったけど一向にその気配なし。(´Д`) =3 ハゥー

鳥飼いさんであれば、過発情の恐ろしさも
それを止める困難さもお分かりかと思います。

しかも病み上がりで内臓がどの程度回復しているのかも分からず
温度や餌の制限無しでどうやってスイッチを切れば良いの~。o(´д`)oァーゥー





とりあえず、発情の三大要素が詰まった水槽からはお引越し。

PC205120.jpg


新しいケージは中古だけどこじんまりとした可愛いお家です。
この大きさならひよこ電球でも保温はバッチリ☆

エリカラも再び装着。

PC205147.jpg


自咬防止の為もあるけど、今回は半分以上、発情抑制が目的。
落ち着いたら、また外してあげるからね。(´ω`;
でもどちらも意外な程にすんなり馴染んじゃって・・
発情中のぴこに怖い物はないようです。苦笑


あの時に神様が残してくれた大切な命。
他の理由で失うわけにはいきません。
最悪の場合はホルモン注射(リュープリン)をしましょう。
と医師からも説明されました。
それはそれでリスクが伴うものです。
出来るなら環境抑制でストップさせたい。。。

ホントにしつこいエストロゲン(発情ホルモン)だけど
母も負けませんからっ!ヽ(`Д´)ノ
 


     col26_20121220210111.gif



ここのろころ鳥ネタばかりなのでお花も少々。。。



最近の寒波を受けて、多肉も一部室内へ引越ししました。

PC205172.jpg


新玉つづりは既に寒さで少し痛んでしまった。(´_`。)グスン


PC205200.jpg

お気に入りの多肉ちゃんズ。

PC205191.jpg



この場所で元気に冬を乗り越えてね. .。.:*・゜゚・*



にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Posted by かお on  | 4 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。