小鳥と私と小さな庭 | お花とインコと手作りが大好き。広くあさ~く楽しんでます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by かお on  | 

一ヶ月が経ちました

ぴこが虹の橋へと旅立ってから1ヶ月が経ちました。

もう1年も経ったような気もするし
つい昨日の事のような気もします。

亡くなった直後は時間を持て余してしまいました。
そんなにベッタリしていたつもりもなかったけど
小さな小鳥の存在の大きさを思い知らされました。
そんな空白の時間を埋めるように
体を動かす仕事を探す、そんな毎日でした。

ちょっと前の記事にケージを片付けると書きましたが
実はなかなか片付けられなくて、
それから2週間近くそのままでした。
何も居ないケージに向かって話しかけ、
残っていた鳥臭を嗅いだり。。。
傍から見たらかなり怪しい人ですね。^^;


先週末に母と兄夫婦が来ることになり
やっと重い腰をあげました。

6年間を過ごしたケージにはぴこの残像が
あまりに多く残っていて
片付ける時にはやっぱり泣いちゃいました。
雨の中、半泣きで綺麗に洗って乾かして
今は目に付かない場所にしまってあります。


辛い仕事だったけど今は呪縛から解かれたような気分です。
自分で作った呪縛に勝手に縛られていただけなんですけどね。苦笑
そろそろ一区切り付けようかと思います。

1ヶ月が経っても悲しみが消えたわけではなく
今もぴこを思い出そうとすると
自然と両の手のひらを見てしまいます。
最後に見た硬くなったぴこが一番に脳裏に浮かぶんです。
楽しかった想い出は頑張らないと出てきません。

自責の念も一生抱えていくものだと思っています。
それはぴこが生きている間からずっと決めていたことです。
暗くて自虐的で独りよがりな愛だと分かっているけど
自分が納得できる方法が他にはありません。

あとはもう時間だけが解決してくれるのを待つだけ。


ぴこが亡くなる前も後も私を支えてくださった
皆さまに改めて御礼申し上げます。

P6020472.jpg

先日も夜中に書いた戯言を読んでくださった方が
居たようで。。幻の記事にしてごめんなさいね。^^;


情緒不安定な私の話を聞いてくれてありがとうございました。

P6120720.jpg

これからもずっと一緒。


正直まだあまり実感が湧きませんが
この言葉は大切に胸にしまって
前に進もうと思います。


生きてそこに存在する。
ぴこが最後まで欲していたこと。
痛くても、辛くても生きることを諦めなかった。
どんな事があっても私たちを愛してくれた。


pipi.jpg

そんなひたむきな強さを私も見習わなければ。

皆さまがこれからも大切な家族と
平凡で幸せな毎日送れますように。


P5018069.jpg


私もこれ以上ぴこの羽を濡らさないように頑張ります。
次回からは通常運転に戻りますので
改めましてどうぞ宜しくお願いします。




スポンサーサイト
Category : ぴこの事
Posted by かお on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。