小鳥と私と小さな庭 | お花とインコと手作りが大好き。広くあさ~く楽しんでます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by かお on  | 

リンパ腫でした

昨年末からの懸案だった、ぴこの検査に行って来ました。

残念ながらやはり腫瘍が見つかり、形状からリンパ腫、
いわゆる血液の癌が皮膚に出た症状だそうです。


これからの治療の選択肢は3つ。

①ステロイドを服用してみて、効果があるかどうか確認する。

②もう少し大きな皮膚の組織を切除し、専門の機関で詳しく検査をする。
 ただし、リスクとして傷を付ける事で癌が一気に広がる恐れがある。

③他の部位に転移する前に翼を根元から切断する。


先生曰く、小鳥に抗がん剤を投与するのはかなり難しいそうです。
リンパ球の形状から見て、ステロイドでも効果が上がる可能性はあるという
説明を聞き、私は①を選択しました。

鳥専門の病院では無いけれど、リンパ腫の研究をされている先生なので
納得のいく説明をしてもらいました。
ちなみに抗がん剤と違い、ステロイドは癌を押さえ込むだけ。
そして胃や肝臓、腎臓に副作用が出る場合があるそうです。
当然ながら絶対に治るという保障はありません。



セカンドオピニオンも考えつつ、どちらにしても③を選択した場合には
鳥専門の病院に移らざるえないので、今はステロイドにかけようと思います。



左羽の切断、と聞いた時思わず手で顔を覆ってしまいました。

でも先生の

「腫瘍の出来た羽がある限り痛みがずっと続く。
 その方が辛いんじゃないか?
 どのみち今の状態では飛べないのだし
 犬や猫でも、同じような症状で足を1本失っても痛みが無くなる事で
 その後の方が元気が良くなる場合もあるんですよ。」

という言葉を聞いて少し冷静さを取り戻す事が出来ました。


もし私が足や腕を失うとなったら、先の人生を絶望してしまうかもしれない。
でも動物達はきっとそんな事は考えずに必死に生きるだけ。
過去を思い、先を考え出すとキリが無く、ドツボにハマって動けなくなるので
今は考えないように、自分に言い聞かせてます。
目の前の事だけに集中しなくては。


こんな状態でもイタズラしたくて一生懸命背伸びするぴこ。

rinnpa.jpg

もし、羽を失ったら2度と飛ぶ事は出来なくなる。
でもどんな姿になったとしても生きていて欲しいと願うのは
私のエゴなのでしょうか?

rinpa1.jpg


上手く言葉にならないけれど、たかが鳥、されど鳥
私にとっては本当に大切な命なんです。
どうかステロイドが効いてくれますように。




参考までに今回の治療費の内訳です。

診察料   500円
検査料 1,800円
処置料   300円
薬代    900円(ステロイド+胃薬)
消費税   170円
合計  3,670円

ちなみに院外の検査に出すと1万円ほどかかるそうです。

ネットで検索してみても鳥のリンパ腫の情報が少なくて・・
何かご存知の方がいたら教えて頂けると嬉しいです。
どうぞ宜しくお願いします!


頑張ってるぴこに頑張ろう言うのは辛いけど
私が言える言葉はやっぱりこれだけ。


手を怖がるようになったぴこ。
でも遊びたくて顔だけ必死で伸ばします。

rinpa2.jpg

良いよ。私にも痛みを分けて。
だから一緒に頑張ろう。

癌にストレスって良くないんですよね?
毎日楽しく過ごせるように頑張ろう。

これ以上酷くなる事の無いように、ただ祈るばかりです。


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Posted by かお on  | 18 comments  0 trackback

-18 Comments

りんご♪ says...""
難しい選択ですね。
以前我が家で飼っていた猫も乳がんになり
似たような選択を迫られたことがありました。

結局うちの猫は薬を飲むのが大嫌いだったので、
大嫌いなことを強要して1,2年の寿命を延ばすなら
好きなものを食べさせて(チーズが大好きでした)
あー、おなかいっぱい、おいしかったー、幸せー♪
と思う日を多くしてあげたいと思い治療は一切
しませんでした。

動物は人間とは違うとはいうものの、飼った以上
私たちは動物の「親」になったんだと私は思います。

言葉を話せない小さい子供の諸々は、親が決めます。

だったら親である私たちが出した結論はどんなものであれ、
子供は「パパママがそう思うなら私もそう思う」と
言ってくれるような気がするんです。

とりとめのない長い文になりましたが、私はぴこ
mamaさんが「こう思う」と思って出した結論なら
治療をすることも、しないことも、転院することも
しないこともすべて最良の選択になると思います。

リンパ種のことは全く分からないのでお役に立てずにすみません。

2011.01.13 11:04 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.01.13 11:14 | | # [edit]
mikko says...""
なんと書いたらいいのか・・・
ただただ、ピコちゃんが元気に楽しい毎日を送れるように祈るだけです。

ぴこmamaさんのお気持ちを考えると胸が痛いです。

私もぴこmamaさんが悩んでだした選択肢がぴこちゃんにとって最良の治療だと思います。

もしも羽を切断して飛べなくなっても、本人(鳥)は私達が考えているほど苦にならないような気がします。
クリップと切断では全く話の違うことですが・・・。
まりもを初めてクリップしたときはほとんど飛べませんでしたが、飛べないなりに すごい歩いて移動して、高いところはクチバシでよじ登ったり、私の方をチラッと見て、指タクシーを呼んだりしてました。
もちろん 飛べた方がいいことはわかってますが、痛くて飛べないなら・・・。
と、考えたり・・・。

リンパ腫のことは知識がなく、ごめんなさい。
2011.01.13 11:53 | URL | #- [edit]
tomo says...""
ぴこちゃん、腫瘍だったんですね・・

どの選択肢を選んだとしても、勇気がいりますね。
もし私でもきっと、③はためらいます。

でも、たとえ翼を失っても生きていて欲しい・・・
その気持ちもすごくわかります!
大切な家族ですもの。

どちらにしても
毎日ぴこちゃんと接しているぴこmamaさんが
ベストだと思う方法がベストだと思います。

外に出て遊びたいという自然な気持ち。
前向きなままのぴこちゃんの「生きる力」
どうか負けないで!

ステロイドが効いてくれることを祈っています。
2011.01.13 23:08 | URL | #CofySn7Q [edit]
もっちゃんママ says...""
ぴこmamaさんおはようございます。
あ~ぴこちゃん・・・。
ぴこmamaさんの気持ちを思うと胸が張り裂けそう
な気持ちになります・・・。
ぴこmamaさんどうか自分を責めないでくださいね・・・。
私も考えました。
自分がぴこmamaさんならどうするか・・・。

どんな姿でも生きて欲しいと思う気持ちは私も
同じです。

鳥さんのリンパ腫・・・。
私も全く無知なので少し調べてみようと思います。
2011.01.14 08:44 | URL | #- [edit]
ままひめ says..."お久しぶりです"
遅れましたが、あけましておめでとうございます。

ぴこちゃん、何と言っていいのかわかりません・・。
でも、生きていてほしいのがぴこmamaさんのエゴか、とは思いません。
生き物だったら、生きていたい!と思うはず。
、と、他の方たちと同じ意見です。
リンパ腫のことはわからないのですが、大好きな飼い主であるぴこmamaさんの決断を、ぴこちゃんが受け入れないはずはない、と思います。
ステロイド治療が効きますよう、祈っております。
2011.01.14 12:00 | URL | #Sxef2L9E [edit]
ayame says...""
こんにちは。
昨日、読ませていただいたのですが、
なんだか言葉が出てこなくてそのまま閉じてしまいました。
でも昨日は事あるごとにぴこちゃんのことを考えてました。
一晩経ってもやっぱりどうしたらいいか分からないけど、
ひとつだけいえるのは、ひと様がなんと言おうと、
ぴこmamaさんは心を澄まして、
それでどうしたいかを決めた方がいいってことでしょうか・・・
ご自分の心に素直に従った方が絶対にいいです。
ステロイドに決めたのなら、うん、それでいいと思います。
皮膚癌ならまだしも、血液の癌だとしたら、
断翼が意味あることとも思えないような気もしますし。
ただもし、まだ悩みがあるようでしたら、
今の先生や、セカンドオピニオンにも聞くなりして、
解消しておくことが、これから先、後悔しないための
方策かもしれませんね。

本当に、大切な大切な命。
↓この鳩と鷹の話は、私自身が
とても大切にしているお話なんです。
きっとぴこmamaさんも共感してくださると思います。
よかったら読んでみてくださいね。
http://red.ap.teacup.com/tetsujo/1.html
大切な命だからこそ、凄く悩んでしまいますが
応援してますから、頑張ってくださいね。
でもお疲れがでませんように・・・。
2011.01.14 12:57 | URL | #QHwcdr9. [edit]
happy母 says...""
辛い宣告を受けられたのですね。
でも、ぴこちゃんに生きて欲しいと思うぴこmamaさんの思いはきっとぴこちゃんに届いていると思います。
この間、ラジオで、子供の方が親を選んでくるという話をしていました。その時、インコもそうかもしれないと思いました。ミルキーの世話をしながら、時々、うちじゃなくてもっと鳥さんのことに詳しいお家にいけば、もう今頃、ミルキーは元気になっていたのかもと思うことがありました。でも、その話を聞いてからは、ミルキーが私を選んできてくれたんだって思えるようになりました。
私がやっていることが、正しいかどうかはわからないけれど、上手くお世話ができているかどうかはわからないけれど、ミルキーが大好きだって思う気持ちだけは誰にも負けてないと思います。
だからそれでいいと思うようになりました。
自分の決めたことに自信をもってやっていこうと思います。時々立ち止まってしまうこともあるけれど・・

ステロイドが効いてくれますように。
ハッピーと一緒に応援しています。
ミルキーも毎日少しずつ楽しみをみつけながら頑張るから、ぴこちゃんも一緒に頑張ろう!
2011.01.14 22:00 | URL | #- [edit]
kgひろこ says...""
ぴこちゃんにリンパ腫の宣告。
ぴこママさんのお気持ちをお察しすると、
私もとても胸が痛みます。

3つの選択肢。
めろんちゃんは、②番目が結局できなくて、
ステロイド治療を選択しました。

ぴこちゃんを見るたびに、めろんちゃんとよく似ているなぁ・・・
と思います。
最後の「噛んでいい?」の写真なんてそっくり!
思わずモニターごしにぴこちゃんのおでこを
いっぱいなでなでしちゃいました。

大したお力になれなくて心苦しいのですが・・・
先ほど、私のブログ記事で、
『インコのリンパ腫について』というタイトルで
情報を呼びかけました。
小さなことでも、何か情報が集まれば・・・と
切に願っています。

その記事は‘ファン限定記事’にしているので、
現在はヤフーブログの私のブログのファンの方しか
見れない設定になっています。

もし、一般公開してもよろしければ、その旨、
お返事いただければ・・・と思います<m(__)m>
2011.01.15 09:00 | URL | #GIyTZwcc [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.01.15 20:07 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.01.16 00:02 | | # [edit]
ぴこmama says..."りんご♪さんへ"
お返事が遅くなってごめんなさい!

猫ちゃんの話を拝読して、改めて自分の気持ちとぴこの気持ちを
考えてみました。
どちらを選択するかでぴこの寿命を決めてしまうようで
正直今も心が揺らいでいます。
本当に生き物を飼うという事は「親になる」という事なんですね。
改めて命に重さを思う毎日です。
迷う私の背中をいつも押してくださってありがとうございます。
今は自分の選択を信じて、ぴこにも楽しい毎日を送らせてあげたいと思います。
こんな優柔不断な私ですが、ぴこ共々これからも宜しくお願いします^^
2011.01.17 10:07 | URL | #- [edit]
ぴこmama says..."mikkoさんへ"
お返事が遅れてしまってごめんなさい!

毎度ご心配かけてスミマセン(^^;
この記事を書いた時はもうお先真っ暗という気分だったんですが
今はだいぶ落ち着きました。
ステロイドの効果なのか、ぴこも今のところは食欲もあり
元気な様子でホッとしてます。

羽の切断は最悪のパターンだと思いますが、たとえ片翼になっても
きっとぴこは前向きに生きていくような気がします。
貪欲に生きる。この逞しさは人が無くしてしまった本能かもしれませんね。
ただ手術となった時のリスクの方が怖いので出来るだけそうならない
事を祈りたいです。

余談ですが、文鳥や十姉妹でまた違った形で皮膚におできのような腫瘍が
出来る事があるようです。
余計なお世話かもしれませんが「にぎころ」した時にでもたまに
チェックしてあげてくださいね^^
早めに見つかれば、キチンと治る病気みたいです。

暖かいお言葉ありがとうございました。
ぴこにウチに来て良かったと思ってもらえるようにこれからも頑張ります!
2011.01.17 10:20 | URL | #- [edit]
ぴこmama says..."もっちゃんママさんへ"
おはようございます!
お返事が遅くなってごめんなさい(^^;
先日は色々とありがとうございました。

もっちゃんママさんもぴぴたんがPBFDと分かった時は
きっと同じ気持ちでしたよね?
でも強く逞しく病気と闘い、見事に健康を勝ち取った
お二人の姿には励まされます。
私もめそめそ泣いてないで、ぴこがこれからの鳥生を楽しく
過ごせるように頑張ります。
幸い今はステロイドが効いているのか調子良さそうです。
羽の切断なんて事にならないように願っていますが、
先の事を憂いでないで今を見つめなくちゃね。

もっちゃんママさんもまだエストロゲンとの格闘中だし
リンパ腫の事はほどほどで・・
ありがたくお気持ちだけ受け取っておきます。
お互いに愛鳥さんと長く幸せに暮らせるように頑張りましょう^^

2011.01.17 10:40 | URL | #- [edit]
ぴこmama says..."ayameさんへ"
こんにちは。
ayameさんを悩ませておきながらお返事が遅くなってスミマセン(^^;

皆さんからのコメントも拝読して、今は自分の決断を信じようと
いう気になりました。
迷う私の背中をいつも押してくださってありがとうございます。
でも、先々の事を考えて鳥専門病院は見つけておきます。
教えて頂いた鳩と鷹の話も読みました。
深いですね~。私は無神論者ですが、ジ~ンときました。
今の子供達にも読んで聞かせたい話です。
今もぴこの命に重さをひしひしと感じています。
たかが鳥の事で・・と笑われそうな話に共感していただけて
それだけでも救われる思いです。
私に出来るのは本当に限られた事だけなのが辛いですが
その限られた事をしっかりやれるように頑張ります。

いつも応援ありがとうございます。
こんな優柔不断な私ですがこれからもどうぞ宜しくお願いします。

2011.01.17 10:52 | URL | #- [edit]
ぴこmama says..."ままひめさんへ"
改めまして明けましておめでとうございます!
私もすっかりご無沙汰してしまったうえに
返事が遅くなってしまってスミマセン(^^;

新年早々の暗い記事に暖かいコメントを寄せてくださり
ありがとうございます。
私も皆さんのコメントを拝読して、自分の選択に自信が
持てるようになりました。
幸いステロイドが効いているのか、羽も伸ばせるようになり
少しでも痛みが和らいだのかなとホッとしてます^^
ウチに来て良かったとぴこに思ってもらえるように
楽しい毎日にして行けたらと思います。

そのお庭は放ったらかしで、バラの植替えもまだ終わらず
一番花もあんまり期待出来ません(^^;
そうなったらままひめさんのお宅のバラで楽しませてくださいね^^
2011.01.17 11:18 | URL | #- [edit]
ぴこmama says..."tomoさんへ"
お返事が遅くなってしまってごめんなさい!

残念な結果になって、つい衝動的に暗い記事を書いてしまい
またご心配かけちゃいましたね、スミマセン(^^;
皆さんからのコメントを拝読して、私の選択は間違っている
わけじゃないんだと安心しました。
かなり感傷的に翼の行を書いてしまいましたが
分かっていただけて嬉しいです。
そうならない事を望んではおりますが、たとえそうなっても
ぴこの「生きる力」は無くならない気がします。
その力を信じて、私も一緒に頑張らなくちゃ。

暖かいコメントありがとうございました!
パールちゃんはその後体調を崩したりしませんか?
tomoさんもパールちゃんも風邪など引かないように
気をつけてくださいね^^

2011.01.17 11:31 | URL | #- [edit]
ぴこmama says..."happy母さんへ"
返事が遅くなってしまってスミマセン(^^;

残念な結果でこの記事を書いた時はかなりショックで
暗いものになってしまいました。
happy母さんがミルキーちゃんに思うことと同じ事を
私もよく考えます。
でも今もぴこは隣で暢気にさえずって・・
きっと鳥さんはそんな事は考えないんでしょうね。
私も家族もぴこが大好きです。
ぴこも私達家族を信頼してくれてると思います。
信じてやっていくしかありませんよね。
そうは言っても私もきっとまた立ち止まる時があると思うので
その時はまた話を聞いてやってください 笑

お陰様でステロイドが効いているのか今はとても元気です。
お互いに闘病中でも楽しい事を探しながら頑張りましょうね。
ハッピーちゃんの応援とても心強いです。
ぴこと一緒にこれからも頑張りますので宜しくお願いします^^

2011.01.17 11:32 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kotori217.blog.fc2.com/tb.php/298-4bfc6ec5
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。