小鳥と私と小さな庭 | お花とインコと手作りが大好き。広くあさ~く楽しんでます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by かお on  | 

セカンドオピニオン

ぴこが今年の1月に自咬箇所が皮膚型リンパ腫に変異している
と診断されてから2ヶ月。
ステロイドの服用で症状が改善されたのも束の間、
副作用が酷くステロイドは休止せざるえなくなり
今はサプリメントと胃薬で内臓の回復を待っている状態です。


その間、というか診断されてから常に考えていたことあります。


このままじわじわと腫瘍が広がり、ぴこの命が消えていくのを
見守るしかない状況ならば、いっその事翼を切断してしまった
方が良いのではないか。
それで慢性的な痛みから解放されるなら、その方がぴこの為かも。
でも手術中のリスクを考えると思い切る事も出来ず・・


そんな自問自答を繰り返しても答えが出るわけはなく
セカンドオピニオン的な意味合いも含めて
思い切って鳥専門の別の病院に行って来ました。

切断するにしても今の病院では無理だと言われているので
先々の事を考えて探しておかなければという思いもありました。


てなわけで!雪の降る中を車で1時間かけて行って来ましたよ~。

小さいけれど綺麗で暖かな待合室。
鳥さん用の置き型ヒーターもあり感動(゚m゚*)プッッ
悪天候のせいか他に患者さんも無く、直ぐに診て貰う事が出来ました。

視診、触診、糞と尿の検査。

糞尿の検査結果は多尿ではあるけれど尿から”糖”は出ていないし
私が想像するほどに胃腸の状態は悪く無いと言われ一安心。
「胃炎だったらもっと痩せるし、こんなに食べませんよ~」
と笑われちゃいました(^^;


結果としては
・やはり抗がん剤での治療は費用の面からしても難しい。(10~20万)
・見た目はキサントーマ(黄色腫)にも似ているが、細胞診だけで
 確定するのは難しく、治療方法としてはどちらにしても今と大差無く
 ステロイドが間違った治療とは思えない。
・自咬症の根本的な解決にはならないが、翼の切断という選択も一つの方法。
(費用は10万円弱)



こちらのM先生の見解としては

「直ぐに切断が必要な症状には見えない。
 自咬を含めこれ以上症状が悪化しないのなら
 現在の治療方法を続けても良いのではないか?
 カラーを外してやりたいという要望があるならば
 勿論断翼も一つの方法であり、当院でも可能である。
 現状で大量の出血が無い限り直ぐに死に至る事は無いので
 断翼についてはゆっくり考えて良いと思う。」


私が気になっていた手術中のリスクについては

大型の哺乳類(犬など)の場合、麻酔などの手術中の事故で無くなる割合は1%
鳥の場合は10%と上がるけれども、必要以上に不安になる必要は無い


と回答してもらいました。


今日診て貰ったM先生とずっとお世話になったいるO先生は
お知り合いだったそうで、知らずに伺った私はちょっと赤面。
内緒で来た事を伝えると「じゃあ僕も知らない振りをしておきますので
何も無かったようにまた行ってください」と笑って言ってくださって
正直ホッとしました。


前回のO先生の態度からみても、もう手詰まりなのかもしれないと
諦めのような気持ちが生じていたんですが、M先生のおおらかな
お人柄に触れて、私は間違った道を歩いているわけじゃないんだと
少し気持ちがスッキリしました。まだまだやれる事はあるんだ。

M先生、本当にありがとうございました!


断翼に付いては費用の事もあるので、家族と相談して
ぴこの様子を見ながらもう少し考ることにしました。


近くならば乗り換えちゃおうかなと思うくらいに感じの良い病院
でしたが、片道1時間はやっぱり遠いかなぁ。

ちょっと急に曲がったり、道が悪いと隣でぴこがギャーギャー怒るし 苦笑

30分程度の診察だったけど、この先生なら信頼して手術をおまかせできる
そう思える出会いでした。
私の覚悟が決まったらその時はどうぞ宜しくお願いします!



お天気が良かった週末にお喋りするご機嫌なぴこ。

[広告] VPS


唯一憶えた「キャワイイ(可愛い)」を連発です(^m^*


可愛い可愛いぴこ。
あなたのそんな姿に私はいつも癒されるのです。
私に出来る事はなんなのか。

一生懸命考えるからもう少しだけ時間をちょうだいね。

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Posted by かお on  | 19 comments  0 trackback

-19 Comments

三毛猫 says...""
悩ましいね。動物達は喋れないし飼い主に全てを頼っているんだもんね。
ぴこの状態も悩ましい…。
内科的治療は副作用との闘いで一歩進んで2歩下がる的な所があるしね。
でも両方の先生が今の選択でいいのでは、と言ってくれたのだから
ひとまず安心でしたね。
断翼、大変そうだけど動物は自分を憐れまないからね。
あるがままに今を生きてるもんね。
前に飼ってた犬がケガで眼球を1つ摘出したんだけど
周りや私が悲しむほど本人は分かってなくて
それに救われました。
もしゆくゆくその選択をしなくてはならなくても
きっと大丈夫だよ。
少しでもぴこにとって心地よく嬉しく楽しい時間が
長い方がいいよね(*^_^*)
2011.03.07 19:02 | URL | #z2AmNf4A [edit]
いずみ says...""
初めて動くぴこちゃんを見ました。動いておしゃべりする姿はとってもかわいいと同時に、いとおしくなりますね。
飼い主さんのぴこmamaさんにそれだけ思われてたら、ぴこちゃんもとっても幸せだと思います!
2011.03.07 23:07 | URL | #Bs/Xgq9g [edit]
ぴこmama says..."三毛猫さんへ"
悩ましいですね~
今までも動物は飼っていましたが、1から10までお世話したのは
ぴこが初めてでこんな事も初めて。主人の時以上に悩ましいです 苦笑

> 内科的治療は副作用との闘いで一歩進んで2歩下がる的な所があるしね。

本当にその通り。お医者様は神様では無いと分かっていても
少し落ち込む事もありました。
でも今までの治療は間違って無かったと分かって安心しました。
三毛猫さんのわんちゃんは眼球摘出ですか!?
凄い経験をされてらしたんですね・・
ゆくゆくはぴこも片羽になるかもしれませんが
きっとわんちゃんと同じく逞しく生きていくと思います。
問題なのは私の方かもしれません(^^;

あまり深刻にならずに明るく前向きに考えながら
貯金に励みます 笑
三毛猫さんチのうさちゃんはその後どうですか??
お互い少しずつでも快方に向かいますように!
2011.03.08 08:42 | URL | #- [edit]
ぴこmama says..."いずみさんへ"
ホントに可愛いんですよ~ 
親バカでスミマセン 笑
しつこ過ぎて嫌われちゃうんですけどね(^^;
でも誰よりもぴこの事を想っています。
想いすぎて色々悩んでしまうんですが
いずみさんの暖かいコメントが励みになります。
いつもありがとうございます(*^^*
2011.03.08 08:46 | URL | #- [edit]
ayame says...""
こんにちは。
あの雪の寒い中、行かれたのですね、お疲れさまです。
今の先生と、セカンドオピニオンの先生の診立てとが
殆ど同じでよかったですね。これで違うこといわれたら
また悩んじゃいますし・・・。

私も何箇所か鳥の病院に行きましたけれど、
思うことは、同じこというのでも、言い方ひとつで
こちらの気持ちが全く違うということです。
内容は同じなのですが、
飼い主に対してもきちんとケアしてくれたり、
段階を踏んで説明してくれたりするだけで、
受ける印象が違いますよね。
ときに、明るい希望さえ見えてくるというか・・・。
ただでさえ飼い主の方は、自分の飼い方が悪かったのかも?
という自責の念を少なからず抱えてると思うので、
そこにキツイことを言われると凹みますしね。
今回の先生が優しい先生でほんと、何よりでした!!
気持ちの上で頼れる人がいるというだけで
大きな違いではないでしょうか?
そしてなんといっても手詰まりではなく、
まだまだやれる事があるとわかったこと。
これはお世話していくにあたっても大きな違いですし、
進んでる方向に間違いがないという確認が
出来たことも安心材料のひとつになりますね。
鳥さんは喋らないから、時にこれでいいのか心配になりますし。
とにかく、ある程度の目処がついたようでよかったです。
またこれで頑張れますね! 応援してますよー!
2011.03.08 15:36 | URL | #QHwcdr9. [edit]
なおみ says...""
通院片道1時間、ぴこmamaさんもぴこちゃんもお疲れ様でした。

良い先生に出会えてよかったですね。
病気になった仔を抱えて、不安になったり、心配しているところに
ぱっと日が当たったような出会いがあると嬉しいですね。
思い切って足を伸ばして行かれて良かったですね。

私はこちらのブログを読むといつも涙があふれそうになるんです。
それは、ぴこmamaさんがぴこちゃんを思っている気持ちが
痛いほど伝わってくるから。
そして、ぴこちゃんもその気持ちに必死に応えようとしているように
見えるのです。

ぴこちゃんのおしゃべり、うちのいろはが
美味しい好きな食べ物を目の前にした時の鳴き声に
すごく似ていて笑ってしまいました~♪
これからも頑張ってね!
2011.03.08 18:40 | URL | #- [edit]
tomo says...""
セカンドオピニオンされたんですね!
お疲れ様でした~~!

「知らない振りしておきます」って、
なんておおらかな先生なんでしょう~~
治療方針のこともそうですが、
そういう何気ない一言で、気持ちが楽になることってありますよね。
きっと、悩みを抱えて必死の思いで診察を受けに来た
ぴこmamaさんの気持ちが伝わったんでしょうね。
治療についても間違ってないということがわかって安心できたし、
頼りになる先生とも出会えたし、
勇気出して、良かったですね。
なんだか私もすごく嬉しいです(´▽`*)

これでまた、気持ちも新たに治療に専念できますね。
遠く(もないか)千葉から、応援してます~~!!

ぴこちゃんのごきげんおしゃべりがかわいい~~(〃▽〃)
ご機嫌な日がいっぱいいっぱいありますように・・・
2011.03.08 23:59 | URL | #CofySn7Q [edit]
ぴこmama says..."ayameさんへ"
こんにちは^^
休みの日に限ってあの天気ですからね~。
翌日は晴天だし、私って雨女なのかしらと自分を恨みました(^^;
でも良い先生と出会い、迷いも少し晴れ、また新たな気持ちで
病気と向かい合っていけそうです。

先日たまたまネットを徘徊してる時に断翼したセキセイの写真を
見て、可哀想なんだけどそれが清清しく健康そうに見えて
また悩みのるつぼにハマッちゃったんです。
でも断翼したから全てが解決する訳では無く、その前にまだ出来る事
があるんだと分かってスッキリしました。

ayameさんも色んな病院でに行ってますものね。
気持ちを分かっていただけて嬉しいです。
O先生も本当に熱心に動物と病気と向き合い、治療してくださる
んですが、時に物言いがキツクて凹んじゃうんです。
ayameさんの前の先生に似たタイプかも。
M先生はそんなO先生の言動を知った上で、励ましてくださって・・
ぴこより私のカウンセリングに行ったような感じになっちゃいました(^^;
先生との相性というのもやっぱりありますね~
待合室には鳥のブログ本が置いてあるし(きしかんさんの本もありました^m^)
病院の選び方は”腕”だけでは無いのかもしれません。
ぴこの意見を聞けたら良いのに。。とプレッシャーに弱い私はいつも不安になりますが
迷った時はまた話を聞いてくださいね。
いつも応援ありがとうございます!
心機一転またイチから頑張りま~す^^




2011.03.09 08:48 | URL | #- [edit]
ぴこmama says..."なおみさんへ"
よりによって雪が降っていて・・出掛ける時は正直憂鬱でしたが
本当にお日様のように暖かく明るい先生で、帰り道は気持ちが
明るくなりました^^

> 私はこちらのブログを読むといつも涙があふれそうになるんです。

あ~、そんなつもりで書いてる訳じゃないんですけどごめんなさい(><。
書いてるうちについセンチメンタルな気分になっちゃうんですよね・・
でも想いを字にする事で気持ちが整理できるんです。
お聞き苦しい時はスルーしてくださいませ 笑
実際にぴこはアッチコッチに連れていかれて、触られて・・
迷惑してることでしょう(^^;

ぴこの声、いろはちゃんの声と似てましたか?
じゃあきっと嬉しい声なんですね 笑
この先も色々あると思うんですけど、こんな声が少しでも多く
聞けるように頑張ります!
応援ありがとうございます♪これからもどうぞ宜しくです^^
2011.03.09 08:58 | URL | #- [edit]
ぴこmama says..."tomoさんへ"
tomoさんとパールちゃんを見習って私も勇気を出して
行ってきたんですけど、実の所は先生同士で勉強会をしてるみたいで
あんまり意味は無かったかもです(^^;
でも気持ちの上では大きな収穫がありました!

Yさんもこの先生を知っているんだけど鳥好き~な感じの方で
仕事で疲れていたせいもあるんですけど、暗い顔をしていた
私を励ましてくれて本当にありがたかったです。
「よっぽど出血しない限り死なないから!」
とハッキリ言い切ってくださって、目の前がパ~っと明るくなりました 笑
とりあえず今の治療を続けて頑張ってみたいと思います。
いつお応援ありがとうです!!
でもね~、珍しい症例でウチの病院では初めてと言われちゃって(^^;
お互いにまだまだ前途多難ですが、毎日を楽しく過ごしましょうね。



2011.03.09 09:07 | URL | #- [edit]
みどり says...""
病院行き、天候の悪い中お疲れ様でした。
私も病院に通うときは必死ですよー。
わかります(=_=;
インコちゃんの機嫌を取りつつ、体調はどうかなと
懸念しながら。。。

でも、病院でのお話はすごく大切なものでしたね。
かかりつけの先生と同じ意見というのは
ぴこかーちゃんに、安心をもたらしたのでは。
小さな小さな鳥さん、よく頑張ってるネ。
でもホントは自然に動物本能で逞しく
日々羽ばたいて生きてる、
かーちゃんたち家族が好き。。。。
そんな思いで過ごしてるのかな。
私が思うより、強いのかな。

私のが弱いかもー(笑
ちょっと体調が悪いようだったらオタオタ
心配でたまらない。

ここの日記で涙するとき、感動しますよ。
かーちゃんの愛情の深さに。
優しい気持ちに包まれる。

またコメントされる方のあたたかさも。
自分と重ねて読んでいます。
2011.03.09 09:24 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.03.09 18:31 | | # [edit]
happy母 says...""
悪天候の中、通院お疲れ様でした。
良い先生みたいで良かったですね。
治療が長くなれば、いろいろ悩みもでてきますね。
なかなか前に進めないと、本当にこれでいいのかなと疑問がわいてきます。
今の治療が間違ってないとわかってよかったですね。これでひとまずは安心。
あとは、これからどうするか、ゆっくり考えてもいいと思います。
私はミルキーがPBFDと診断されて、すぐにセカンドオピニオンで鳥さんを診てくれる病院を探したのですが見つからず、1件だけ見つかったのですが、そこではPBFDはアメリカでは安楽死の対象、3ヶ月生きたなら良く生きた方ですよと言われました。その時は、なによ、それでも医者かと憤慨していましたが、こうして長く病気の子と接しているとそれも一つの考え方であり、間違いではないのかもしれないと思えます。そして何より、その時のなにくそ、の精神が私の力になっています。
うちも、飲み薬から注射に変える時もずい分悩みました。でも、あの時はもう注射をするしか、ミルキーを救えないだろうと思ったのです。まだ、治りはしていないけど、精神的には安定してきたので、今は、やってよかったと思っています。
ぴこちゃんのキャワイイ、かわいい~
いっぱいいっぱい愛されて幸せね。
楽しそうにしてくれてたらそれだけで幸せですね♪
2011.03.09 23:07 | URL | #- [edit]
もっちゃんママ says...""
ぴこmamaさんおはようございます!
片道1時間かけて別の病院に行ってみられたんですね!
お疲れ様です!

先生と飼い主も相性ってありますよね^^;
M先生すごくいい先生で通えたらベストですが
片道1時間はやっぱり遠いですよね・・・。

ぴこちゃんの治療方法、今のやり方が決して
間違ってなかったという確信がもてたことは大きな
収穫ですね^^

今後のことは大事な決断になると思いますが、
考える時間はたくさんあるのでゆっくり
考えてくださいね。

ぴこちゃんおしゃべりかわいいですね~v-10
こんなかわいい子のことですもん^^
かなり悩んでしまうと思いますが
ぴこmamaさん頑張って~!
みんな応援してます!!!
2011.03.10 08:21 | URL | #- [edit]
ぴこmama says..."みどりさんへ"
天候の良くても嫌な病院通いなのに雪なんて・・
日頃の行いの悪さを反省しました 笑

ぴこを迎えてからずっと同じ病院にしか行った事が
無かったので信頼はしつつも少し不安もありました。
それが解消されてまた前を向いて歩けそうです。
ぴこはきっと何にも考えずに本能のままに生きている
だけで、それはある意味「強い」ですよね。
かーちゃんも負けずに強くならなくては! 笑

ぴこは初めて自分の意思で迎えて、一から十まで世話した
最初の動物なんです。
だから可愛くて可愛くて・・つい感情移入し過ぎちゃうんですよね。
みどりさんも含めて、皆さんの暖かいコメントに支えられて
ブログをやっていて良かったなとシミジミ思います。
なるべく笑えるような日記にしますので、これからもぴこ
共々ヨロシクお願いします^^
2011.03.10 14:56 | URL | #- [edit]
ぴこmama says..."鍵コメさんへ"
こちらこそご無沙汰しておりました。
色々大変でしたね。。。
でも無事に戻られて本当に良かったです(ノω・、) ウゥ・・・
M先生は本当に素敵な先生で、つい浮気しそうになっちゃいました 笑
でも悩んでいたこともとりあえず解消でき、また前向きに頑張れそうです。
ぴこに嫌がられてもずっとず~っと傍にいます( ̄▽ ̄) ニヤ

メールさせて頂きましたのでお時間のある時にでも読んでください♪
2011.03.10 15:02 | URL | #- [edit]
ぴこmama says..."happy母さんへ"
簡単には良くならないと分かっていても
長引くウチに疑念が出てきてしまいますね。
私がよっぽど暗い顔をしていたのか、M先生は
「よっぽど出血しない限り直ぐに死んだりしないから大丈夫!」
ときっぱり言ってくださいました。
私はこの言葉が聞きたかったのかもしれません。
情けないけど安楽死という言葉も頭をよぎることがありました。
ジワジワと苦しんで逝くくらいなら・・
でもたとえ病気が治らなくても生きていれば楽しいだってあるし
何がどう変わるかなんて神様にしか分かりませんよね?
私もhappy母さんのなにくそ精神を見習って前向きに頑張ります!

相変わらず下手なぴこのお喋りを聞いてくださってありがとうございます。
ハッピー先生に教えてもらえないかしら 笑
でもこんなご機嫌な様子が見られるだけで本当に幸せです(*^^*

> 悪天候の中、通院お疲れ様でした。
> 良い先生みたいで良かったですね。
> 治療が長くなれば、いろいろ悩みもでてきますね。
> なかなか前に進めないと、本当にこれでいいのかなと疑問がわいてきます。
> 今の治療が間違ってないとわかってよかったですね。これでひとまずは安心。
> あとは、これからどうするか、ゆっくり考えてもいいと思います。
> 私はミルキーがPBFDと診断されて、すぐにセカンドオピニオンで鳥さんを診てくれる病院を探したのですが見つからず、1件だけ見つかったのですが、そこではPBFDはアメリカでは安楽死の対象、3ヶ月生きたなら良く生きた方ですよと言われました。その時は、なによ、それでも医者かと憤慨していましたが、こうして長く病気の子と接しているとそれも一つの考え方であり、間違いではないのかもしれないと思えます。そして何より、その時のなにくそ、の精神が私の力になっています。
> うちも、飲み薬から注射に変える時もずい分悩みました。でも、あの時はもう注射をするしか、ミルキーを救えないだろうと思ったのです。まだ、治りはしていないけど、精神的には安定してきたので、今は、やってよかったと思っています。
> ぴこちゃんのキャワイイ、かわいい~
> いっぱいいっぱい愛されて幸せね。
> 楽しそうにしてくれてたらそれだけで幸せですね♪
2011.03.10 15:14 | URL | #- [edit]
ぴこmama says..."もっちゃんママさんへ"
こんにちは!
ママさんこそ大丈夫ですか~?
体調が悪い時にコメントありがとうございます!

今まで一つの病院しか行った事が無かったので
やっと皆さんのいう相性が分かった気がします(^^;
正直変えたい気もするんですが、時間はやっぱりネックですね。
イザという時や体力が落ちた時には近い方が負担が軽いと
思うので、元サヤにおさまりたいと思います 笑
M先生は横浜の小鳥の病院で修行をされた先生なんですが
ぴこの病気は初めて見る珍しい症例と言われちゃいました(^^;
全く主人といい、ぴこといい・・なんでかな~と思うけど
少し冷静になってゆっくり考えていきたいと思います。

お喋り、ホントに可愛いんですけど(←親ばか)主人に対する
呼び鳴きが始まったので、発情の方も心配です。
一難去ってまた一難ですが、頑張りま~す!
ママさんもお体大事にしてくださいね^^


2011.03.10 15:25 | URL | #- [edit]
kgひろこ says...""
ぴこmamaさんが、セカンドオピニオンを求めて別の病院に行かれたこと・・・
お気持ち、すごくよくわかります。
私もめろんちゃんの時、やはりセカンドオピニオンを。
結果、ぴこmamaさんと同じく、転院はしなかったのですが
セカンドの方の先生もとてもいい先生で、私もつい浮気しそうに(苦笑)

今やっている治療が、果たしてベストなのか?
他にもっとベターな方法がないのだろうか?
闘病が長くなると、そういう暗中模索状態になってしまうことがありますよね。

セカンドのM先生を受診してみて、これまでぴこmamaさんがやって来られたことが
決して間違ったことではなかったということが確認できて
気持ち的にすごく楽になられたようでよかったです^^
私はセカンドオピニオンの時、「めろんちゃんのことも含め、私自身のカウンセリングをしてもらった」という気持ちになりました。
M先生のおおらかさも、ぴこmamaさんの不安な気持ちをカウンセリングして、
希望の光を灯してくれたような・・・
そんなふうに感じながら読ませていただきました。

ぴこちゃん、胃腸の状態もそんなに悪くはないそうなんですね、よかったです~。

こんなにゴキゲンにお喋りしているぴこちゃん♪
あっ、お喋りぴこちゃん、お初です★
「キャワイイ」がもう可愛くって~~(*^^*)
ぴこmamaさんがいつもこんなふうに愛情こめて
お話しされてるんだなぁ~って思いながらとても微笑ましく拝見しました♪

ぴこちゃんとぴこmamaさんが歩んで行く道・・・
これからも応援してます。
二人三脚でふぁいと~★ですねp(^^)q
2011.03.11 02:14 | URL | #GIyTZwcc [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kotori217.blog.fc2.com/tb.php/320-3f3a7f89
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。