小鳥と私と小さな庭 | お花とインコと手作りが大好き。広くあさ~く楽しんでます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by かお on  | 

ガーデニング本の紹介です♪

先日の記事に載せた「12ヶ月の寄せ植えレシピ」

ful10_20110929162713.jpg

隅から隅までじっくり読ませていただきました。(^m^

綺麗な装丁とは裏腹に中身はまさにhow to本。
こんな事まで載せちゃって良いの?っていうくらい
あれもこれも盛りだくさんな内容で
Flokuroさんの熱い想いが伝わってきました。

初心者の方からベテランの方まで楽しめる充実の1冊だと思います!

勿論、載っている寄せ植えも斬新で素敵なものばかり。
Flokuroさんのセレクトする植物にはいつもビックリしちゃいます。

たとえば表紙のカラフルでキュートな3段バスケット。

hon2.jpg


ガーベラ、カランコエ、ジニア、風船かずら、フランネルフラワーなどなど
使われている種類の多さにも驚きですが
自分では絶対思いつかない組み合わせ。

でもすっごく可愛い!!
嫌いなはずのジニアが可愛く見える~(*´艸`)


知識ばかりが先行して自分の中で勝手に枠を
作っていたのがよく分かりました。

もっともっと自由な発想で楽しんで良いんだ。
私なんかが思うよりずっと植物は強く逞しくしなやかに
その状況に馴染み育っていく。
ガーデニングにハマりだして5年ほど経ちますが
今、この本に出合えて本当に良かった。

最近はこの先の庭をどうしようか方向性が見えずに
惰性で世話しているような状況でした。
でもまた新たな気持ちで植物と向き合えそうです。


この本は自分へのちょっと早めの誕生日プレゼント♪
何歳になっても変われる自分でありたいです。


それにしても・・やっぱり記念にサインしてもらえば良かった。笑
黒田氏の今後のご活躍を期待しています♪





そしてもう1冊紹介する本は我が家の本棚である
図書館からお借りした物。( ̄w ̄)

hon1.jpg


ガーデナーと雑草は切っても切れない間柄ではないでしょうか。
果てない闘いにお疲れの方も居るのでは??苦笑

でもこの本を読んで今まで邪魔物としか思えなかった雑草も
自然界の中で大切な存在だった事を知りました。

たとえばスギナの話。

スギナは酸性が強い土地に生えてくる雑草。
でもスギナが土を酸性にしているわけではありません。
それどころか枯れる時には自らが作り出したカルシウムで
土を中和する方向へもっていってくれるんだそうです。
だからスギナが生えた後には色んな植物が育っていく。

こんな風に雑草には土を浄化してくれる働きもあるとか!


雑草を知ることは自分の庭の状態を知る事に繋がるんですね~。


また化学肥料を与え過ぎると成長は早いけど水太りのような
状態になって、糖分と水分が多くなるためアブラムシや
カイガラムシといった吸汁タイプの虫が付きやすくなる、など。


今年大発生して困っていたカイガラムシは風通しの悪さだけが
原因では無かったのかもしれません。




我が家で雑草のごとく勢力を拡大しているポリゴナム。

hon3.jpg


無機質なアスファルトを覆い隠し、照り返しの熱さを和らげてくれます。


鉢の中で肥培されたカタバミはヒョロヒョロで虫食いだらけ(´Д`;

hon.jpg

これも水太りってことなのかな?


完全にオーガニックな庭にするのは難しいかもしれないけど
雑草とも虫とも可能かぎり共存しながら自然に優しい庭造りを
していきたいという気持ちになりました。


姿は知っていても名前を知らなかった雑草たち。
各々の性質が分かるとなかなかおもしろいものです。

この本を片手に野原を散歩したらそこは植物園に変身するかも(*^m^*) ムフッ


全くタイプの違うガーデニング本だけれど
どちらも植物への愛が満ち溢れた素敵な本だと思います。


皆さんも機会があったら是非お手に取ってみてくださいねヽ(=´▽`=)ノ

にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Category : 雑貨
Posted by かお on  | 8 comments  0 trackback

-8 Comments

Flokuro says...""
こんばんは~。^^
こないだはありがとうございました!
なんだかたっぷり褒めてもらちゃって、すいません。
やっぱサインしとけばよかったか?笑
って、ウソウソ。。。^^;
またお会いできる日を楽しみにしておりますね。
2011.09.29 22:29 | URL | #GMs.CvUw [edit]
ぴこmama says..."Floluroさんへ"
こんにちは!
こちらこそお忙しいところお邪魔してスミマセンでした。
本当に素敵な本で寄せ植えが作りたくなりましたよ~。笑
実際にやってみると相変わらず四苦八苦するんですけどね(^^;
これからも色々なアイデアでファンを楽しませてくださいね♪
くれぐれも風邪など引かないように・・(^m^

2011.09.30 09:45 | URL | #- [edit]
juria* says...""
素敵~っ!!(*≧∇≦*)
このまま飾っておきたいくらい可愛い本ですね♪
読んだら、ガーデニングをやりたい気持ちがフツフツと湧いてきそう♪
この本、母にプレゼントしてあげたいな~^^*
絶対に喜びそうです♪

雑草は本当にやっかいだって思っていたけど、
雑草にも ちゃんと役割があるんですね~^^*
なんだか見方が変わりました☆
2011.09.30 14:59 | URL | #- [edit]
ぴこmama says..."juria*さんへ"
寄せ植えレシピは表紙もとっても可愛いですよね~♪
掲載されてる他の写真もとても素敵なので
機会があったらお手に取ってみてくださいね^^
お花好きなお母様にも是非☆

私も抜いても抜いても生えてくる雑草に辟易としてましたが
少し見る目が変わりました。
「荒れた庭」と思われない程度に雑草とも共存して行こう
と思います(^m^
2011.10.01 09:06 | URL | #- [edit]
ぴか says...""
こんにちは(*^^*)
バイブル本、買われたのですね~。
すっごく勉強になりますよね。
眺めるだけでも楽しいし…。

2冊目の本も、面白そうですね。
スギナのお話も、すごく勉強になりました。
私も図書館で借りてみよう♪

私にとっては、雑草も憧れです。
ちょっとだけ生えているカタバミさえ、愛おしく思えて。
まさに“ナチュラル”な気がします。

でも、これはベランダ族だから思うのですよね。
お庭をお持ちの方からしたら、悩みの元なのでしょうね。

ガーデニングの方向性が見えない…
これ、私もそうでした。
何を目指していたんだか…分からなくなってしまって。
ちょっと目標が変わった気がします。
楽しみながら…少しずつ..。.:*・゚
2011.10.01 11:39 | URL | #WN5FwF9. [edit]
ayame says...""
美を追求する世界は
自分の好みなんかもあるので
気がつくと偏ってたりするのでしょうか。
ふと迷いが出た時に啓示のように出会えた本なら
きっとこれからよい作用を及ぼしてくれそうですね!
私なんか、ドアがピンクってところからして
おおーって思いますよ^^;

雑草にも色んな役割があるのですね。
あまり考えずにボンボン抜いてました^^;
肥料も過ぎるとカイガラムシなどを呼ぶんですね!
やばいわー。。。
2011.10.01 18:23 | URL | #QHwcdr9. [edit]
ぴこmama says..."ぴかさんへ"
こんにちは^^
寄せ植えレシピ、良かったです!
本当に見ているだけでワクワクしてきます。
フローラさんの集大成といった感じですね。

我が家に生える雑草もカタバミが多いのですが
この本を読んで少し敵意が消えました。笑
それに黄色いお花と赤茶色の葉っぱは以外に可愛いし。(^m^
ただ広~いお庭を持つ方にはやっぱり悩みの種かも。
雑草と上手く付き合っていけるヒントになれば
良いかな~と思います。

方向性云々なんて偉そうな事を言える庭じゃないんだけど
ちょっとマンネリ?な感じになっちゃって。(^^;
ぴかさんも~!?なんて驚いたけど、みんなこういう時期が
あるのかな・・。
楽しみながら、少しずつ・・私もがんばりマス(*^^*
2011.10.02 09:03 | URL | #- [edit]
ぴこmama says..."ayameさんへ"
ドアがピンクって凄いですよね!笑
それがいやらしく見えないのがまた凄くて。
なんでもそうだろうけど長く同じ事をしていると
マンネリ化しませんか?
好きに変わりはないんですけどね。
私にとってはこのピンクのドアが新しい世界への扉
を開いてくれそうです。

スギナの話は荒地でのことですので
ボンボン抜いて良いと思います。笑
放っておいたらお庭を乗っ取られちゃいますものね。(^^;
カイガラムシも・・なかなか根絶出来ずに苦労してます。(><。
肥料や堆肥も自分の庭で作れたらと思うけど、そんな場所ないし。
現実はなかなか厳しいですよね~
ほどほどの所で折り合いを見つけながら自然に優しい
ガーデニングを目指しましょう^^

2011.10.02 09:16 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kotori217.blog.fc2.com/tb.php/392-7082c463
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。