小鳥と私と小さな庭 | お花とインコと手作りが大好き。広くあさ~く楽しんでます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by かお on  | 

ぴこの容態が急変しました。

皆さん、お久しぶりです。


慌しい1週間を過ごして、すっかり更新をサボってしまいました。^^;
今日の記事は鳥ネタ&暗くて長いです。
苦手な方はスルーしてくださいね。





結論から言いますが、
容態が悪化したぴこは現在プラケ(水槽)生活です。

PC064138.jpg

この大股開きで不敵な笑いを浮かべるお嬢さんが
4日前には生死の境を彷徨ったとは思えませんネ。苦笑


記録として時系列で書かせてもらいます。


月曜日(3日)PM6時
いつものように1時間ほど、放鳥して遊んだぴこ。
さすがに疲れたのか娘の上で大人しくなったと
思ったら突然の嘔吐。
慌ててケージに戻して様子を見るも、一向に収まらず
20分もすると苦しそうに鳴き出す。

PM7時 病院到着
病院に着く頃には羽を広げて
地に伏せるような体勢に・・
敷き紙には血尿の跡。

PC064147.jpg

状況を説明して直ぐに酸素吸入と点滴をしてもらう。
鳥専門病院では無いため、しっかりとした入院施設も無く
もし預かっても病院で死んでしまうかもしれない
と告げられ、泣きながら帰宅。

帰宅後、30~35℃で保温。

PM10時 そろそろと動きだす
ヨタヨタとしながらも起き上がり餌をついばむ!
状態の良い糞も出て一安心かと思いきや
次には出たのはまたもや鮮血。
バタバタと暴れて、今まで聞いたことの無いような
キイキイという細い声で鳴き出す。

「痛いよ、苦しいよ、怖いよ、ママ助けて」
そんな風に聞こえてなりませんでした。


不安で怖くてどうしようも出来なくて、鳥友さんにメール。
色々アドバイスを頂き、なんとかその夜を
乗り切る事が出来ました。
(Fさん、どうもありがとうございました!)


人がお腹を抱えてうずくまるように地面を頭に下げ
ピンとあげた尾羽が時を刻むように
呼吸と共に微かに動く。
それで私はぴこが生きている事が分かる。

このまま死んじゃうんじゃないか、
眠るのが怖くて、今思い出しても泣けてくる。
果てしなく長い一晩でした。

火曜日(4日)再診察
痛みを堪えて頑張ってくれたぴこを再び病院へ。
正直先生にも驚きだったようです。苦笑
前日はショック症状を起こしていたぴこに
痛み止めなどを注射しましたが
この日は原因であろう肝臓の薬を注射してもらいました。
まだ体力が回復していないぴこに検査はできません。
だから症状からの診断になりますが、

ステロイドの投薬と慢性的な発情&換羽で恐らく肝臓は限界の状態。
放鳥時の寒さがきっかけで今回のような状態になったと思う。
このまま入院して毎日注射をしても完治する見込みは少なく
そんな生活を強いるよりも
自宅でリラックスした状態で余生を送らせてあげた方が
良いんじゃないか

と医師から告げられました。

その時点ではぴこは本当にまだ弱弱しくて
私の心もかなり参っていて、再び泣きながら帰宅。


その日から2日後の姿がトップの写真です。

翌日から少しずつ餌を食べる量も増え始め
血便も(恐らくだけど)見られません。
体重も計ったら34gとほとんど減って無い。

水槽内を30度前後にキープするのにひよこ電球だと
よじ登って危ないので
電気毛布ですっぽりくるんで、保温してます。
狭くて、暗くて、暖かくて、齧れる敷き紙。
これが良くなかったんでしょうね~


このでっかいウンPを見てビックリですわ。Σ(=∇=ノノヒィッッー!!

PC064201.jpg

もしかして、溜め糞!?


ヒョロヒョロご機嫌にお喋りしてすっかり発情モードです。

PC064224.jpg

ねえさん、勘弁してよ~(´Д`) =3 ハゥー


血便(血尿)で赤く汚れていたオチリは綺麗になりました。

PC064223.jpg

PC064229.jpg

食べる量はまだ少ないけど、目付きも足取りもしっかり
してきました。逃げるスピードだけは元通りだし。苦笑

こんなぴこを見ているともうすぐ死んでしまうなんて信じられない。
確かに肝臓は弱っているでしょう。
昨年であれば問題の無い温度での放鳥でした。
それでもぴこにとっては大きな負担になってしまう。
そんな事にも気付かず、コタツいんこだなんて浮かれていた
自分が本当に情けなく、飼い主失格ですよね。
ぴこがまだ元気なうちにレントゲンを撮っていたら
こんな事にもならなかったかも・・
反省すべき点は多々あり、散々自分を責めました。

でもまだ実際にぴこのお腹の中がどうなっているのか
キチンと確認はしていないのです。


頑張って持ち応えてくれたぴこ。


主治医の言うように終末医療を受け入れるべきか
他の鳥専門医に診せて、積極的な治療をするか
ずっと、考えています。

ブロ友さんのインコちゃんも入退院を繰り返しながら
頑張っているコはたくさん居ます。
そういう姿を見ると簡単に諦めてしまうのは・・
飼い主として、どうなんだろう?


誤飲という可能性も全く無いとは言えないし。


揺れ動く心を抱えながら、発情モードの娘を眺めてため息ひとつ。ε-(´・`) フー


夫には、「冷たいようだけど、どちらを選択するにせよ
飼い主のエゴなのだから、私に悔いの残らない
選択をすれば良いよ」と言ってくれます。
私もそう思います。

本来自由に空を飛ぶ生き物を籠に入れて
傍で愛でることも私のエゴ。
そのことで苦しむぴこを見て苦しむ自分は
当然の報いだと思っています。
ぴこを迎えるときはそんな事は一切考えませんでした。
それでも私はぴこが本当に大事だし
出来ることなら痛みや苦しみをこれ以上
増やすことなく旅立たせてあげたい。


今はまだハッキリした結論が出ません。
もう少し、体調が回復したら、主治医にお願いして
レントゲンだけでも撮ってもらおうと思っています。


その先の事は、その先に考えるしかないかな。


今はただ、発情をさせない環境作りと
体調を整えることを優先に頑張ってみます。

あの日慌てて外したエリカラも見つからなくて。
今思うと恥ずかしいほどのパニック状態だったわ。^^;
齧りだす前に探さなくちゃ~


なんだかまとまりの無い文章になってしまってごめんなさい。
私の失敗談が他の鳥さんの何かの参考になれば幸いです。
今回も、本当に良く頑張ってくれたぴこをどうぞ褒めてやってくださいませ。
引き続き良いご報告が出来るよう、お世話に励みますので
どうぞこれからも暖かく見守ってください。o(_ _)o

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Posted by かお on  | 20 comments  0 trackback

-20 Comments

ごえはは says...""
良いお顔のぴこちゃんが見られて良かったです。
ぴこちゃん、頑張ったね。偉いよ!凄いよ!

今後の事は色々と考えてしまうと思います。
ぴこちゃんの事を一番わかっているのは
かおさんだと思います。
もし動くとしたら、落ち着いている今のうちに、とも思います。
多くは書きませんが、いつでも連絡下さい。
2012.12.07 18:02 | URL | #/5YrZloM [edit]
ユカリ says...""
ぴこちゃん、すごく頑張ったんですね!
えらい、えらいとパソ子の前でつぶやいてしまいました。

突然の体調の変化や怪我に取り乱さずにいることは
本当に難しいです。
私もぴーすけが放鳥時にぶつかった時は
激しく取り乱して息子やお嬢にたしなめられてしまったくらいですから・・・

エゴ、と言われると確かにそうかもしれません。
ですが大切な家族として日々を過ごす以上
避けては通れない決断もあると思います。

かおさん、どうかご自身を責めないでくださいね。
頑張り屋さんのぴこちゃんを、かおさんの笑顔で
もっと元気づけてあげてください^^
2012.12.07 22:52 | URL | #uuBy4x0c [edit]
エダちゃん says..."大変だったね"
さぞかしお疲れでしょうに。ピコままさんも体に気をつけてね。
ピコさんが野性なら自然に帰すってとこなんでしょうが 飼いインコ大空を飛べないんでしたっけ?
自分としてはホスピスではないけど 薬をやめて苦痛のない 家族と一緒にいるのが一番だと思います。 私は人間の父親にはガンで無くなるとき薬漬けの病院で無くなった時は呆気なく死なれ。同居のおじいちゃんの時はうちでギリギリまでいられて、最後には「ありがとう」の言葉もきけました。家族に看取られる幸せもあるんだなって。
今日は地震で人間様も落ち着かなかったですもんね。小動物はもっと敏感だからストレスになるみたいです。知り合いの猫は地震のストレスで病気になりました。今日地震があり 友達は猫が心配と慌てて帰りました(>_<)
十分努力もしたし お家で楽しく生活させてあげてはいかがでしょう。鳥も人間も生きる期限が決まってるからね。
厳しいコメントかもしれませんが
十分やってあげたとおもいます。
私は金魚とハムスターを見取って10年ペットを飼っていません。
ピコままさんはまだ迷っていますか?
いつかはお別れです。
家族と一緒にいてはいかがかな?



いいつつ

また超元気になったりする ピコちゃんもいるから不思議。
ただの糞づまりで大騒ぎなんて 笑わせてくれたりして(^w^)

エリカラのないピコさんはやっぱりかわいいです。このまんまにしてあげたいな。
2012.12.08 04:38 | URL | #- [edit]
かお says..."ごえははさんへ"
先日は大変お世話になりました!
ぴこは本当に良く頑張ってくれたと思います。
先生も相当痛かったはずだと言ってました。
このぴこのガンバリを無駄にしたくないんですよね。。。
ごえははさんとごえちんが頑張っているのを見ると
すんなりと主治医の言葉を受け入れられなくて。
今はまだ無理をさせたくないのでもう少し体力が
回復するのを待ちながら色々調べて考えてます。
また何かあったらお言葉に甘えて相談しちゃうかもしれないけど
今後ともどうぞ宜しくお願いします。o(_ _)o
2012.12.08 08:54 | URL | #- [edit]
かお says..."ユカリさんへ"
ハイ、ぴこは本当に良く頑張ってくれました。
それにくらべて私ときたら・・
ぴーすけ君の事故の時のユカリさんのお気持ちが
すご~くよく分かりました。苦笑
そして家族のありがたさも。
夫と娘が居たからあのタイミングで病院に行き
ぴこを救う手助けが出来たんだと今は感謝しています。

一緒に暮らすということは良い事ばかりではありませんね。
これは安易な気持ちでぴこを迎えた私への試練。
家族とも医師とももう一度よく話して決めたいと思います。

ぴこの具合が良くなるにつれ私の心も落ち着いてきました。
ぴこが良くなってきたなぁと思った翌日には私が原因不明の
腹痛でダウンしちゃって。^^;
世話をする私が元気で居なくちゃね。
ユカリさんの暖かいお言葉に元気をもらいました。
いつもどうもありがとうです!

2012.12.08 09:09 | URL | #- [edit]
かお says..."エダちゃんへ"
お~!エダちゃん、お久しぶりです!
そして暖かいコメントありがとう!
たかが鳥のことで大騒ぎして恥ずかしいんだけど
私にとっては娘も同然なんです。
正直、どうするべきか、まだ悩んでいます。
仕事もこれから一番忙しい時期になるし・・
迷ってばかりのダメ母です。苦笑

それにしても昨日の地震はビックリしたね!
まだまだ油断は出来ないと改めて気持ちを引き締めました。
そんな中でもぴこはマイペースでヒョロヒョロ鳴いてたけど。笑
せっかく神様が戻してくれた命、とにかく大切にしてあげたいです。
ぴこのこと、可愛いと言ってくれてありがとうネ。
またバイト先で偶然会えることを期待しています☆
2012.12.08 09:18 | URL | #- [edit]
ayame says...""
こんにちは。
ぴこちゃん、血便が出ちゃって大変でしたね。すごい量だわ・・・。
かおさんもさぞや居ても立ってもいられず、
不安でオロオロされたのではないでしょうか。
鳥さんが痛がってるのにどうしようもない気持ち、分かりますよ。
まんじりともせず、寝られませんよね・・・。
それでもぴこちゃんが頑張ってくれてよかった!
まさかすぐに発情してくるとは思わなかったけど
とりあえず普通のうんちが出ててよかったです。

終末医療や、積極的な治療など、
なにをどうするかはやっぱりエゴになっちゃうのかもしれませんが、
飼い主さんに悔いがないようにと思っています。
でも、何をどうしたって悔いは少なからず残ると思うのですよ。
その悔いをね、小さく出来るように、
できることはやっておいた方がいいのかなって・・・。
信頼できる先生に出会えて、その辺のお話ができると
本当はいいのですけどね。

。。。にしても、随分急な嘔吐と血便でしたね。
ステロイドがきつかったのかなぁ。
血便は、もちろん肝機能の低下というのも考えられますけど、
これだけの鮮血が出るというのは、
胃や腸の消化管からの出血だから、
せめて胃粘膜保護剤でも飲ませたら
随分楽になるのでは?と思うのですが・・・。
余計な口出しですみませんm(__)m
とにかく、ぴこちゃんが早く回復することをお祈りしてます!
2012.12.08 09:28 | URL | #QHwcdr9. [edit]
tomo says...""
ぴこちゃんもかおさんも大変でしたね。
でも元気なお顔のぴこちゃんが見られてよかったぁ
あ~怖かった(>_<)
小さい鳥さんは悪くなるときも良くなるときもあっという間と言いますが
まさにそんな感じのジェットコースターでしたね・・・
きりっとしたぴこちゃんの表情が
「どう?アタシ頑張ったわよ」
って得意げにさえ見えます。頼もしいですわ~

どんな治療を選ぶか、どう過ごさせるか・・・
すごく悩みますよね。
でもきっと「正解」はない・・というかどれも「正解」なんだと思います。

治療の選択が広がるなら専門医に見せたいし、
でも新しいお医者さんにかかるのも精神的・身体的にも負担になるかも。
どっちを選んでもやっぱり
「ああすればよかった、こうすればよかった」
って思ってしまうと思います。
でもどちらもかおさんがぴこちゃんのことを一生懸命考えて選ぶんですから
大丈夫、自信を持って!

そしてあんまり自分を責めないでくださいね。
一緒に苦しんで、一緒に頑張っているのはだれよりもかおさんなんですから!ね?

また明日から冷え込むようなので、かおさんもご自分の身体を労わってあげてくださいね~
2012.12.08 22:34 | URL | #8jjQQGkw [edit]
amocs says...""
ぴこちゃん、がんばりましたね。

可愛がってる家族が苦しんでるんですから
パニックになりますよね。

どちらの選択をされるにせよ、結局はピコちゃんの
持っている生きる力にかかっているんじゃないでしょうか。
出来る限りのことをして、それを見守ってあげることしか
できないのがつらいところですね。
痛いのは代わってあげられないものね。

がんばれぴこちゃん、がんばれかおさん。
2012.12.08 23:28 | URL | #99DFA69w [edit]
りんご♪ says...""
突然の「血」ってものすごく慌てますよね。
えーーーーー??????って。

動物は人間と違って突然ガクっとくるんだよと
獣医に言われたことがあります。じわじわ電池が
なくなるのではなくてプツっと途切れるんだ、と。

こちらとしてはどっちもイヤですけどね(苦笑)

どうかぴこちゃんに一番負担のかからない方法が選択されますようにと祈ってます。
2012.12.09 07:48 | URL | #- [edit]
かお says..."ayameさんへ"
恥かしながら、もうオロオロどころじゃありませんでした。^^;
綾子ちゃんを抱きしめながら一晩を過ごしたayameさんの
お気持ちが私もよーーく分かりました。
お互いにこんな思いはもうしたくありませんね。苦笑
幸いぴこの場合は直ぐに食欲が戻ったので
ここまで回復できたのかな。ありがたいことです。

何も検査をしていないのでハッキリしたことは分かりませんが
消化器から出血しているのは先生も分かっているようです。
お陰様でだいぶ体力も回復したので、次回はもう少し先生とも
違った話が出来るんじゃないかと期待しています。

でも綾子ちゃんの病院が近くならな~
と心の底から思いますわ。苦笑
やっぱり病院の差って大きいんだなと実感します。
胃粘膜保護剤のこともダメもとで聞いています。^^;
いつもアドバイスを暖かいお言葉、ありがとうございます!
これからもどうぞ宜しくお願いします。o(_ _)o
2012.12.09 09:29 | URL | #- [edit]
かお says..."tomoさんへ"
tomoさ~ん、怖かったよ~(ノω・、) ウゥ・・・
こんなにも急なのかと本当に怖くなりました。
様子見なんて出来ませんね。
ぴこの頑張りを無駄にしないような選択をしたいです。
でも今はまだ情報が少なすぎて自分に自信が持てません。
しかも後悔は絶対するんですよね。。。
先日の地震の時もパールちゃんを思い出して
ドキドキしました。
幸いぴこは図太い神経を持っているようで
全く動揺は見られませんでしたが。苦笑

今は何より確実に保温をして体力を維持することを
目標にお世話に励みます。
ぴこが良くなってきたなぁと思ったら、
一昨日は自分が急な腹痛でダウンしちゃった。^^;
私が元気で居ないと、家族に余計迷惑をかけちゃうもんね。
キチンと食べて、休んで、頑張ります。^^
いつも応援ありがとうです!
胃腸炎が流行っているみたいだからtomoさんも気をつけてね~。

2012.12.09 15:32 | URL | #- [edit]
かお says..."amocsさんへ"
恥ずかしい話ですが、かなりパニクってしまいました。^^;
こういう時にこそ、冷静にならなきゃいけないのに・・
まだまだ修行が足りませんね。苦笑

生きている以上、必ず病気にはなるし
お別れする日も来ると頭では分かっていても
イザとなると出来る事は少なくて、
本当に切ないです。
動物を飼うってこういうことなんですね。
私達に残された時間がどの位なのか
今はまだハッキリ分かりませんが
やっぱり出来る限りのことはしてあげたいです。

暖かいお言葉、ありがとうございます!
引き続きぴこと一緒に頑張りますので
これからも暖かく見守ってやってください。o(_ _)o
2012.12.09 15:41 | URL | #- [edit]
かお says..."りんご♪さんへ"
「血」って本当に苦手です。
自分の採血でもクラクラしちゃう。苦笑
特に今回のように、内臓的な出血はどうしても
「死」を連想してしまいます。
電池がプツっ、ぴこはまさにそんな感じでした。
今までも確かに調子は良くなかったんだろうけど
突然の痛みや苦しみに本人も驚いているような
そんな感じでした。
もう、こんな思いはしたくないし、させたくありません。
りんご♪さんも何度も苦渋の決断をされてきましたよね。
私ももう一度よく主治医と相談してみます。
いつもありがとうございます。(´人`。)グスン
2012.12.09 15:52 | URL | #- [edit]
なおみ says...""
大変なことが起きてたんですね。。。
それにしても、ぴこちゃんの生命力はすごいっ!
ぴこちゃんの頑張りは、かおさんの力なくしては
不可能だったと思います。
かおさんの涙に、冒頭の不敵な笑みで応えてくれたようですね。
えらいぞ!ぴこちゃん!
回復して本当によかった。。。
でも、ぴこちゃんのことで自分を責めるかおさんのことは、
ぴこちゃんが悲しむと思いますよ。
これからのことは、どのような選択であれ、
ぴこちゃんはきっと納得すると思います。
頑張ってください。遠くからですが応援しています。
2012.12.09 16:19 | URL | #- [edit]
happy母 says...""
ぴこちゃん、大変でしたね。
本当によく頑張ってくれましたね。
かおさんもお疲れ様でした。
最近は体調が落ち着きましたが、私もミルキーが苦しんでいる様子をみるたびに、自分がやっていることは、ただ苦しみを引き延ばしているだけで、もういっそ何もしない方がいいのでは?と悩みました。でも最終的にはやれることは全部やってみようと、今に至っています。

ぴこちゃんの体調はその後いかがですか?
なんとか落ち着いてくれますように。
かおさんも大変だと思いますが、体には気をつけてくださいね。
2012.12.09 20:49 | URL | #- [edit]
かお says..."なおみさんへ"
いつものことながらお騒がせインコでスミマセン^^;
突然のことで私も何がなんだか分かりませんでした。
ただ泣いて祈ることしか出来なくて・・
もっとしっかりしなくちゃダメですね。
私の想いとは裏腹に本人はすっかり御機嫌です。苦笑
ぴこの逞しさを私も見習わなくちゃ!
自分を責めることはいつでも出来るので
もう一度主治医ともよく話して、今後のことを
決めたいと思います。
なおみさんの応援、とても心強いです。
ありがとうございます。
弱い私にこれからもどうか渇を入れてやってください。
2012.12.09 21:43 | URL | #- [edit]
かお says..."happy母さんへ"
毎年、この季節になると何かある気がします。
お騒がせするのは今度で何度目でかしら?^^;
いつも暖かい言葉で労ってくださってありがとうございます。
お陰様で食欲もだいぶ戻って、今日は体重も1g増えて35g
になってました。
このまま行くと太り過ぎちゃうかも。苦笑
でもお腹の中では何かが起きているんですよね。
目に見えないものとの闘いは自分との闘いのような気がします。
どちらが正しいのか今はまだ答えが見つかりませんが
主治医とももう一度話をして、決めようと思います。
病鳥さんにはことのほか寒さが堪えるようです。
happy母さんもミルキーちゃんもどうぞ暖かくして
元気に冬を越してくださいね!
2012.12.09 21:51 | URL | #- [edit]
乃理 says..."遅くにごめんなーい!"
ビビって何も言えない乃理です(´Д`)

いやー。恐かったですねー!
よく頑張りました。
ぴこちゃん、ママのためにありがとうね。
あー、恐かったです、ホント。

でも、わたし、今回のことで考えさせられました。
マリンのことから、すがるような治療は誰にもしないと決めていました。
全てが運命なのだと。

この間行ったお寺さんでのお話は、そういう話でした。
本来ひとは病気になったら、脳からナントカが出て、
痛みや苦しさが緩和されるようになるのだと。
ひとの体と言うのは、とても上手くできていて、
死を迎える準備ができるのだと。
でも、最近は治療と言う名の拷問で、人間本来の力が発揮できない。
死は安らかなものであるべきなのに、ひとはひとの力で、
その死を過酷なものにしている。
治療に頼る限り、のたうちまわる死を覚悟しなさい。
って。

おーって思いました。
もっとね、細かい話で、良い話だったんですけど、
私が書くとこんなんになりました( ̄m ̄〃)

だって、ひとを看取ることの大切さ・・の話だったんだもん。

でね、本当にそうだったんです。
マリンから安らかな死を取り上げたのは、まぎれもなく私でした。

でも・・血尿が出たぴこちゃんを保温だけで見守ったら、
今、いないかもしれない。
こんなふうに、ご飯を食べていないかもしれない。
ぴこちゃんはありがとうって言ってるかもしれないですよね。

エゴってなんでしょうね・・。

本当に結局は後悔のないようにするしかないんですが、
後悔は必ずしちゃいますものね。

インコっておおきい。
こんなに色々なことを教えてくれるんですもの。
出会えてよかったです、ほんと。

心から応援しています。
寒いので、ムリのないようにしてください。
そちらに向かって、わたしの干からびたパワーを送っていますからね!
ガンバ!ぴこちゃん!!
ガンバ!かおさん!
2012.12.10 10:02 | URL | #L8AeYI2M [edit]
かお says..."乃理さんへ"
こちらこそ、お返事が遅くなってごめんなさい。
しかもお騒がせな内容で・・
でもホントにホントに怖かったんです。(´_`。)グスン
いつもなら気付かないくらい遠くにある「死」を
間近に感じて震えてしまいました。
それはぴこも同じだったと思います。
お坊さまの話、確かにおーっ!ですね。
医学の発展は素晴しく、痛みや苦しみから解放される人が
居る一方、苦しみが増す人が居るのも現実。
私もマリンちゃんと乃理さんのことを思い出してました。
今が手を離す時なのかなって。

でもね、辛い闘病中の中にも楽しい時や幸せを感じる時は
必ずあると思うんですよ。
入院しながら頑張っているお友達インコを見ていると
そう思えてなりません。
幸いぴこは順調に回復しています。
この寒い時期に遠くの病院に転院というのはやはり不安が
残るのでもう少し今の病院で頑張ってみようと思います。
乃理さんのパワーをしっかり吸い取って、
私もぴこも元気になれました。笑
いつもどうもありがとうね。
迷ってばかりのおバカな飼い主ですが
これからもどうぞ宜しくお願いします。
2012.12.12 09:34 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kotori217.blog.fc2.com/tb.php/557-a69b0206
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。