小鳥と私と小さな庭 | お花とインコと手作りが大好き。広くあさ~く楽しんでます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by かお on  | 

永久の別れ

ご無沙汰してすみません。

早くご報告しなければと思っていたのですが
なかなか言葉に出来なくて。。。
ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。

1週間前の今日、
5月12日(月)AM9:00頃。
我が家の愛鳥ぴこが永眠しました。


先月、6歳の誕生日を迎え
皆さんから沢山のお祝いのお言葉を
頂いたばかりなのに。。。
残された時間がこんなに短いとは
思ってもいませんでした。

ずっとお友達と愛鳥さんの別れを
疑似体験のように経験してきましたが
実際に自分の番になると
想像以上にキツいですね。苦笑

長くなりますが、
最後の時のこと、ぴこへの想いを書かせてください。




前日はほとんど食事をした形跡が無かったぴこを
翌朝、一番で病院に行くためにプラケースに移動しました。
いつもならギャーギャー鳴いて暴れるのに
ふと顔を上げただけで大人しく私の手に収まりました。
その体は驚くほど軽く、プラケースにそっと降ろしたら
崩れるようにガクっと羽を付いてしまいました。
嫌な予感はしたけれど、また注射をしてもらえば
元気になるはずと急いで車を飛ばし
診察券を出し、待合室でぴこを覗いたら
既に息絶えた状態でした。

慌てて医師も見てくださいましたが
既に死後硬直が始まっており
どうする事も出来ませんでした。

その病院はお迎え後の検診から、毛引き発症→自咬みと
6年間お世話になったので、泣きながらお礼を伝えると
先生は深々と頭をさげてくださいました。

数日後送られてきた葉書にまた泣かされました。

IMGP7556.jpg


怖そうだと思っていた院長先生は「怖い」のではなく
「真剣」だったんですよね。
命を扱う仕事の辛さを垣間見てそう思うようになりました。
長い間、お世話になりました。


原因が何かは結局分かりませんが
もう体力の限界だったんだろうと思います。
背寝している時間が日に日に長くなって
薄々もうダメかもしれないとは感じていました。
それでもいざその時を迎えてみると、ダメですね。

その後は、ご想像どおり。苦笑
ぴこの亡骸を抱いて、泣いて泣いて
比喩ではなく、体中が痛くなるほど泣きました。

こんなことなら無理に病院に連れていかずに
私の手の中で逝かせてあげれば良かった。

最後の最後まで私は間違えてしまった。



ぴこが居なくなって私に残ったのは
山のような後悔とぽっかりと胸に空いた大きな穴。
たまらない寂しさ。
ただただぴこに会いたいと願う気持ち。

ずっと傍に置いておきたかったけど
その日のうちに庭の片隅に埋葬しました。
いつかお別れの時が来たら
ここと決めていた場所です。
毎年花となったぴこに会えるからと思っていたけれど。。。

亡骸になったぴこを見て思ったことは
亡骸と抜け殻は似ている。
私の手の中にあるのはぴこにそっくりな器で中身は空っぽ。
あの重さは魂の重さだったんだ、ということ。
もう、ここにも、どこにもぴこは居ないんだという事実。


穴は一人で掘ったけど埋葬する時は
夫が一緒に見送ってくれました。
娘が学校に行っている間に済ませてしまったことが
良かったのかどうかは今も悩むところですが
今はあの子も自分のことで手一杯なんです。

ぴこが旅立つ前週は娘の部活の問題と
PTAの最後の仕事とお店の仕事と
全てが重なって本当に忙しく、家族揃って疲労困憊でした。
母の日も終わってようやく、落ち着いてぴこの
傍に居られると思っていた矢先、
まるで全てが解決するのを待っていたかのように
逝ってしまった。
もしも、それが喧騒の最中であったなら私はどうなっていたか。。

最後の最後まで頑張って、私を助けてくれた
そんな風に思えてなりません。・゚・(ノД`;)・゚・


あれから1週間。
だいぶ気持ちも落ち着きました。
発作的に涙が流れたり、
いつも居た場所にぴこが居ないことにも少しずつ慣れ、
鳴き声の幻聴に振り返ることも減ってきました。苦笑

それもいつも通りの生活と傍に居る家族のお陰です。

昔、うちでバイトしてくれていた高校生の男の子が
飼っていた犬が亡くなって悲しくて仕事を休ませて
くれと言ってきた時、了承したものの。。。
内心では「へっ!?」って思いました。
なんて私は冷たい女だったんでしょう。苦笑
今ならその気持ちが痛いほど分かります。

出来るならずっとぴこの事だけを想って泣いていたかった。
一人なら食事もとらなかったかもしれません。
でも哀しむ私を心配する夫と娘を放り出せるわけもなく
何も知らない友達と笑顔で会話したり
無理にでも食べて、ぎりぎりまで動いて、疲れ果てて寝る。
変わらぬ日常が私の回復を助けてくれました。


ぴこが亡くなってすぐ、たまたま偶然何人かの鳥友さんと
お話する機会があり、優しいお言葉や綺麗な花を頂いたことも
大きな慰めとなりました。

P5158939.jpg

P5158942.jpg

P5189018.jpg

毛糸のぴこちゃん、本物より可愛いね。^^

本当にありがとうございました。


ぴこは我が家に来て幸せだったのかずっと不安でした。


眠れない夜に改めて過去記事を見直していたら
そこには楽しそうなぴこがたくさん居ました。
辛い、痛い思いもたくさんさせてしまったけれど
けしてそれだけじゃ無かったんですね。
私達家族を最後の最後まで全力で愛してくれた。
昔飼っていたオカメインコを不注意で亡くしてしまい
それがトラウマとなって、
以降絶対に動物は飼わないと決めていた
夫の心もほぐしてくれたぴこ。

幸せそうな顔を写真に残せて良かった。
ブログをやってて良かったと心から思います。

ぴこが私に多くのを出会いを運んでくれました。


昔、皆さんからいただいたコメントを今、読み返しても
胸がジーンとなります。
本当にたくさんの方に支えてもらってここまで来れた。
今までぴこを可愛がってくださった皆様には
心からお礼申し上げます。

どうぞ最後の顔を見てやってください。

P5128909.jpg


気が強いくせにビビリで甘えん坊だったぴこ。
今までよくがんばったね。
もう何も苦しまなくて良いんだよ。
どうかもう一度羽ばたくことができますように。
ありがとう、大好きだったよ。

P4266933.jpg

最後にエリカラを外せたことは頑張ったぴこへ
きっと神様からのプレゼントだね。



明日からはまたいつも通りの毎日に戻ります。
お店のブログの方は仕事として続けますし
こちらにもぴこの想い出や花の写真を気まぐれに
アップすると思います。

夫と娘は私を気遣って新しいインコを飼えばとも言ってくれます。
ホントはその方が良いんでしょうね。
愛情は遺伝するってムツゴロウさんも言ってましたから。笑
でも鳥はもう飼えないかも。。。
先の事はまだ分かりません。
いつの日か自分を許せる日もくるのかなぁ。

今はゆるゆると時間薬に身を任せたいと思います。
情緒不安定な私の傍に居る夫にも申し訳ないし
早くぴこを「雨降り地区」から出してあげられるように頑張らなくちゃ。
私よりもっと辛い別れの経験をしている人が大勢いて
みんなそれでも前へと進んでいるですものね。


長々と暗い話を読んでくださりありがとうございました。
皆さまと大切なご家族が、それぞれに幸せな時を
1分1秒でも長く過ごせるようぴこと一緒に願っています。
スポンサーサイト

Category : ぴこの事
Posted by かお on  | 47 comments  0 trackback

-47 Comments

乃理 says...""
頑張りましたね。
ぴこちゃんもかおさんも本当に頑張りましたね。
涙がとまりません・・。
気持ちは、お手紙に書きました。
(傷つけていないといいけど・・、でも心と愛を込めて書きました。)

わたしもぴこちゃんと一緒にかおさんを見守っています。
どうか、1日も早くぴこちゃんに降り注ぐ雨がやむといいなと願っています。
わたしたちにできる最後のことは、きっとそれなんです。

ぴこちゃんのこと、わたしもずっと忘れません。
2014.05.19 11:18 | URL | #L8AeYI2M [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.05.19 11:35 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.05.19 15:33 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.05.19 16:01 | | # [edit]
amocs says...""
つらすぎますね。
ぴこちゃん、本当によく頑張りましたね。

かおさんは最後まで、ぴこちゃんの命をつなごうと
一生懸命だったのだから、他に選択肢はなく
いつもいつも、それが最善だったと思います。
そのことを一番よくわかっているのは
きっとぴこちゃんでしょう。

私も実はご主人と同じで、子どもの頃に不注意で
友達からもらったセキセイインコを死なせてしまって以来
小鳥が飼えませんでした。
でもここで、かわいいぴこちゃんの姿を見せてもらって
楽しかった頃を思い出すことができました。
ぴこちゃん、かおさん、本当にありがとうございました。

そしていつか、生まれ変わったぴこちゃんが
また、かおさんの元にやって来て、癒してくれる日が来ることを
心からお祈りしています。
2014.05.19 16:40 | URL | #99DFA69w [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.05.19 23:56 | | # [edit]
秋桜。 says..."ぴこちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。"
おはようございます。かおさん。

「ぴこ」ちゃんのご冥福を心よりお祈り
申し上げます。

お辛いお気持ち痛いほどお察しいたします。
ご自分をお責めになられることはなさらずに
今は思いっきり涙を流されて悲しいお気持ちは
当然ですから。。。
どうかかおさん。お体だけはこわされませんようにと
思います。
2014.05.20 07:52 | URL | #BWgGc7Fk [edit]
ayame says...""
この前メールで色々書いたから
今日は違うことを・・・

雨降り地区にいるぴこちゃんを心配して
ごえははさんちのしんちゃんとごえちゃん
そして綾子がお迎えにいったよ。
しょっぱい雨がいっぱい降ってて
そのまま乾いたらぴこちゃん
塩ふいて干からびちゃいそうだからって
ごえちゃんが心配してどこからか
バケツにお水を入れて運んできてくれて
綾子はそれでぴこちゃんを拭いてあげたって。
しんちゃんは相変わらず大変だー大雨だーって
叫んでるだけだったみたいだけど
そのお陰でお水運びを手伝ってくれたり
傘を持って来てくれたりするお友達がいっぱいいたんだって。
でもぴこちゃん、あったかいママの雨が嬉しいみたいで
ちょっと照れくさそうにしながら
雨が止むまでもう少しここにいるって。
雨が止んで虹が出たらもう一度迎えに来てって言ってたって。

最期のことを思い出しそうになって涙がにじんだ時
そこから逃げるようにして私はこんなような
妄想ばっかりしてました。。。
あほだなと思いながら。でも結構救われてもいました。
アンもほら、想像の翼を広げてと言ってるし・・・ね!^^
ちなみに、永久の別れではないように思いますよ。
自分がいつか天に召された時、会えるはずだから
辛いけど、頑張って生きていきましょ!
ゆっくり、ゆっくりね。
2014.05.20 09:33 | URL | #QHwcdr9. [edit]
natsumi says...""
ブログの更新が無かったので忙しいのかと思ってました。
ぴこちゃん逝ってしまったんですね。。。
かおさんご家族の愛情をいっぱい受けて
ぴこちゃんは幸せだったと思います。
自分を責めないで下さいね。

ぴこちゃんのご冥福をお祈りいたします。

2014.05.20 10:25 | URL | #Gunbb4dY [edit]
なおみ says...""
あまりに突然だったので、混乱しています。
私からかおさんを慰めることも励ます言葉も見つからないのですが。
ただ私はこのブログを通して見るぴこちゃんが
可愛くて、健気で、大好きでした。
かおさん家族と仲良しのぴこちゃんの姿が大好きでした。
かおさんがぴこちゃんのことを思っているのと同じ分、
ぴこちゃんもかおさん家族のことを今も思っていると思います。
今はつらいと思いますが、いつか元気になられることをお祈りしています。
ぴこちゃん、ありがとう。
2014.05.20 16:59 | URL | #- [edit]
happy母 says...""
ぴこちゃんの最後のお顔、穏やかで笑っているようにも見えます。
幸せな気持ちで旅に出れたのだと思います。
かおさんは精一杯のことをされました。
それはぴこちゃんが一番わかってくれていますよ。
だから、どうかご自分を責めないでください。
ぴこちゃん、かおさんのことが心配で
うちの仔たちに伝言に来ましたよ。
ママを元気にしてあげてって。
時間をかけて少しずつ笑顔を取り戻してくださいね。
2014.05.20 21:39 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.05.20 23:21 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.05.20 23:27 | | # [edit]
ぺんぎんびたき says...""
花に包まれたぴこちゃん、安らかなお顔ですね。
きっと、もうどこも痛くないし、お空も自由に飛べているはず。

ぴこちゃんは、かおさんたち家族が忙しい間、
今は心配かけたら駄目かな、って、頑張ったんだね。

そして、やっと、
あぁ、もう大丈夫だから、お空に行こうかな、って
眠りながら思ったけれど、
も一度、かおさんに会いたいな、って思ったんじゃないかな。
朝になって、かおさんに会えて、
手の中に抱っこされて、、、
それから、安心して、静かにお空に飛び立ったんだと思います。

かおさん家族に愛されて、ぴこちゃんは幸せでしたね。
ご冥福をお祈りします。。。
2014.05.20 23:41 | URL | #- [edit]
かお says..."乃理さんへ"
お手紙とお花、ありがとうございました。
ぴこ色のお花に癒されました。
もちろんお手紙にも。
傷つくなんてとんでもない!
乃理さんだってお忙しいのに。。
それに昔の悲しい思い出まで引っ張りだして
しまってごめんなさい。
お手紙はまだ片付けられないケージと一緒に
置かせていただいています。

もう何を言っても今更だからこれ以上は言いません。
私に出来る最後のことを頑張りますね。

本当に色々ありがとうございました。


2014.05.21 08:48 | URL | #- [edit]
かお says..."鍵コメRさんへ"
Rさんも悲しいお別れを経験されていましたね。
あの時も突然の事で驚きました。
本当にあんなに小さいのに、ぴこが居ないだけで
部屋が広く・静かに感じられます。
態度が大きかったからかな。苦笑

コメントしずらい話にお声をかけてくださって
それだけでありがたいです。
傷つくなんてとんでもない!
食いしん坊だったぴこのことだから
きっとイチゴ畑で嘴を真っ赤にしてることでしょう。笑
いつも私とぴこを暖かく見守ってくださり
ありがとうございました。
2014.05.21 08:55 | URL | #- [edit]
かお says..."いつも見てくださっていた鍵コメ様へ"
最後に悲しい記事をお見せすることに
なって申し訳ありません。
ぴこが何を想って旅立ったのか。。
今もそのことを考えると胸が痛みます。
エリカラをして、肌が露出したぴこを
可愛いと言ってもらえて、
それだけで救われる想いです。
今まで暖かく見守ってくださって
本当にありがとうございました。
2014.05.21 09:01 | URL | #- [edit]
かお says..."amocsさんへ"
ぴこは本当に良く頑張ってくれました。
そう思うだけに、自分がそれに応えてられていたのか
悔やむ気持ちはぬぐえません。
でも同じような経験をされたamocsさんに
そう言っていただけると少し心が軽くなります。
私も本当は犬が飼いたかったけれど
金銭的な事情もありぴこを迎えました。
小鳥がこんなにも賢く、愛情深い生き物だと知り
ぴこをとおして多くのことを学び、授かりました。
夢でも良いから会いたいと思うのですが
晴れて自由の身となった彼女は忙しいようです。苦笑

今まで私とぴこを暖かく見守ってくださり
本当にありがとうございました。




2014.05.21 09:12 | URL | #- [edit]
かお says..."鍵コメKさまへ"
結局一度もぴこに会っていただく機会も無く
逝かせてしまいました。
Kさまの愛鳥さんにもぴこの友達になって欲しかったのに。
もう少し暖かくなったら、とずっと思っていたのですが。。。
こんな結果になってしまって残念です。
貴重な経験をお聞きして、私も早く元気にならなくちゃと
改めて思いました。
小鳥のことは今も変わらず大好きです。
まだ自分でお迎えする気にはなれないので
Kさまのインコちゃんに会わせてくださいね。
もう少し気持ちが落ち着いたら改めて連絡させていただきます。
偵察の帰りには我が家にも寄ってください。

今までぴこを暖かく見守ってくださり
どうもありがとうございました。




2014.05.21 09:22 | URL | #- [edit]
かお says..."秋桜さんへ"
ぴこにお悔やみのお言葉ありがとうございます。

秋桜さんと同じように、私も毎日ぴこに語りかけています。
そうすることで、少しずつ悲しみも癒えるようです。
私の体のことまで気遣ってくださって
ありがとうございます。
寒暖の差が激しい季節なので秋桜さんもご自愛くださいね。
チビちゃんと再び会えるよう私も心から願っています。
2014.05.21 10:20 | URL | #- [edit]
かお says..."ayameさんへ"
あー、またしょっぱい雨が。。。(ノω・、) ウゥ・・・
でもステキな話ですね。
このまま出版社に持ち込みたいくらい。笑
大騒ぎの様子が目に浮かびます。
みんな~、鳥見知りなインコだけど
根は優しいコだから、どうぞ宜しくね。

先日は色々とありがとうございました。
お写真まで送っていただいて、
余計な事を言うんじゃなかったと反省しています。
でも、可愛い、可愛いと言いながら
どの写真を飾ろうかととり子と穏やかなひと時を
過ごさせていただきました。
ブログにもぴこの事を書いてくださり
ありがとうございます。
何回お礼を言っても足りないくらいです。
いつも支えてもらってばかりで。。
ご忠告を受けたのに、まだケージを片付けられません。
もう少ししっかりしないとね。

また何時か会えると信じて、ゆっくり頑張ります。




2014.05.21 10:37 | URL | #- [edit]
Luckyママ says..."初めまして。"
Ayameさんのブログを読んで知って初めてお邪魔させて頂きます。うちにはオパブルの8才の男の子がいます。先週小鳥の病院に行ったとこで 関節炎が判明し お薬服用中です。 先生から送らた葉書…涙がでますね… お辛い経験をされましたね。お気持ちは痛いほど分かります。私は何度か哀しい経験をしました。ずーっと前に、初めて雛を飼ったのですが私の不注意で4才で死なせてしまった。婚約者が、ずっと落ち込んでる私を見てて翌年だったか、同じ色のインコをサプライズでプレゼントしてくれた。まだ私の心の整理はつかなかったけど、手のりにしました!年齢は不明でしたが8年は生きたと思います。その子が肺炎で他界した後はペットショップに入れない状態でした。10年のブランクを経て 今の子が居るんですょ~ 毎日後悔し自責の念にかられました。今でも鳥籠ど愛用の玩具は置いてあります。 ひとごとには思えずコメントを入れました。ぴこちゃんのご冥福をお祈りします。
2014.05.21 11:16 | URL | #- [edit]
けーち says...""
けーちです。
ぴこちゃん がんばって すごい すごいえらい子だった。
いっぱい いっぱい 笑顔をくれて ホントにありがとう。
ぴこちゃんは たくさんの試練を 乗り越えてくれたね。
勇気と元気をくれたこと わすれないよ。
かおさん ゆっくりでいいから 心も元気になってね。
涙が止まらない。
わたしね ブログを止めて 再開した時
久しぶりに観た「ぴこちゃん」が エリカラも外れてて元気でいてくれて
すっごい 嬉しかったんだ。
ありがとう。
虹の橋にいる うちの ぴのちゃん・みらちゃんに
お母しゃんのお友達インコさんが登っていったから
お友達になって 一緒に遊んでね。って
お祈りしたよ。
見守ってくれてるよ。
かおさん これからも お花をいっぱい育ててね^^
お空から お家はここよ。って分かるように。
2014.05.21 15:52 | URL | #lVjAIwTo [edit]
かお says..."natsumiさんへ"
いつも応援してもらっていたのに
ご報告が遅くなってごめんなさい。
持病を抱えた生活だったので
覚悟はしていたのですが、いざとなると
やっぱりうろたえてしまって。。。
良いことも悪いことも6年間でたくさんの
想い出が出来ました。
natsumiさんの目に幸せそうに映っていたなら
きっと間違いないですね。
後悔は残るけれど、そのお言葉で救われます。

今まで暖かく見守ってくださり
本当にありがとうございました。
2014.05.21 22:52 | URL | #- [edit]
かお says..."なおみさんへ"
つい先日、ぴこの6歳の誕生日を迎えて
皆さんに祝っていただいたばかりなのに、
こんな事になってしまって。。。
私自身も未だに信じられない気持ちで
過ごしています。
なおみさんにも何度も励まして頂きましたね。
エリカラを付け、肌が露出したぴこを
可愛いと言ってもらえて嬉しかったです。
今まで暖かく見守ってくださり
本当にありがとうございました。
2014.05.21 22:59 | URL | #- [edit]
かお says..."happy母さんへ"
先日は大変お世話になりました。
また可愛いお花をありがとうございました。
そうですね。。。私が何回イヤな事をしても
最後まで私を信頼してくれていました。
それが分かるだけに余計に辛い気持ちになります。
でも、あまり私がグズグズしてると
ハッピーちゃんとミルキーちゃんにも
迷惑がかかってしまいますね。苦笑
伝言ありがとう。
毛糸のインコちゃんの力を借りて
メソメソし過ぎないように頑張ります。
2014.05.21 23:07 | URL | #- [edit]
かお says..."鍵コメt様へ"
とうとうこの日が来てしまいました。
飼い主に似ず、辛抱強い頑張り屋でした。
皆さんにも可愛がってもらって
幸せだったんだろうなって思います。
私はぴこの愛に応えられていたのでしょうか?
Tさんが仰るように今は日常生活に後押しされて
やむなく前に進んでいるけれど
そうしているうちに「置き場所」が見つかるんでしょうね。
私のことを一番心配してくれる夫にも、甘えて
厭な思いをさせてしまいました。。。
ぴこにバレたら怒られそうです。苦笑
哀しみにおぼれてはいけませんね。
いつも暖かく見守り、励ましてくれてありがとう。
私も強くなれるよう頑張ります。

2014.05.21 23:23 | URL | #- [edit]
machi says..."感謝"
何を書いていいのか数日かかっておりました。

今も何てお声をかけていいのやらわかりませんが
ぴこちゃんがこれほど家族から愛されていることに
きっと当人(当鳥)は感謝でいっぱいだと思います。

またきっと違う形でぴこちゃんはかおさんのそばにきてくれると
思います。
そのためにも笑顔でいられますように心より
お祈りいたします。
2014.05.22 09:44 | URL | #eaNGuOeU [edit]
かお says..."鍵コメT様へ"
私達家族も優しく、可愛いぴこと過ごせて幸せでした。
とてもとても寂しいけれど
もうぴこが苦しまなくて良いことが唯一の救いです。
ぴこのこと、大好きと言ってもらえて嬉しいです。
今まで暖かく見守ってくれてありがとうございました。
2014.05.22 10:11 | URL | #- [edit]
かお says..."ぺんぎんびたきさんへ"
優しいお言葉にまた涙が。。。
そうかな、そうなのかなぁ。
鳥は賢いから、色んなことが分かっていたのかも
しれませんね。
今はとても寂しくて辛いけれど
ぴこがもう苦しまなくて良いのが唯一の救いです。
私のことなんか忘れて良いから
お空で元気に飛んでいて欲しい
心からそう願います。

いつも暖かくぴこを見守ってくださって
ありがとうございました。

2014.05.22 10:19 | URL | #- [edit]
かお says..."Luckyママさんへ"
ayameさんのブログからわざわざお越しくださったんですね。
ぴこにお悔やみのお言葉をありがとうございます。
Luckyママさんもお辛い経験をされたんですね。。。
生き物を飼えば必ず別れが来ると分かっていても
やはり辛いものですね。
心配された婚約者さまのお気持ちも痛いほど分かります。
きっと自責の念が消えることはこの先も無いのでしょうね。
でも楽しかった想い出も消えることは無いので
今はそのことだけを考えるように頑張ります。
オパブルの男の子ちゃんが早く良くなるよう私も祈っています。
2014.05.22 10:29 | URL | #- [edit]
もっちゃんママ says..."ぴこちゃんお疲れ様"
かおさんお久しぶりです。

ぴこちゃんの訃報にただただ
驚くばかりで、そして
ぴこちゃんの訃報に
あまりにも気づくのが遅くなって
しまい本当に本当に
ごめんなさい。

ぴこちゃんが亡くなって今日で
ちょうど10日経ちましたが、
かおさん大丈夫ですか?

トリ子ちゃんも大丈夫でしょうか?

私も去年同じ経験をしたので、
かおさんのブログ読んでて
泣きそうになりました。
後悔の気持ちも痛いほどわかります。

ぴこちゃんは、本当に強い仔
でしたよね。
私は今までぴこちゃんの生命力の強さにすごいなあと思うことが多々ありました。
私もぴこちゃんが本当に大好き
でした。

ぴこちゃん今までいっぱい
頑張ったね。
今まで頑張れたのは、
きっと大好きなかおさんや旦那様
そしてトリ子ちゃんがいたから
だよね。

虹の橋にはたくさんのお友達
がいると思います。
うちの愛鳥のむーちゃんも
いると思うのでどうぞよろしくね。

かおさん、また改めて連絡させて
ください。
今はまだ辛い時期だとは思いますが
頑張ってください。
時間と共にぴこちゃんへの
想いもまた変化していくと思います。

ぴこちゃんのご冥福を心から
お祈り申しあげます。


2014.05.22 12:55 | URL | #- [edit]
naonao  アトリエグリーンベルの言の葉 says..."ありがとう"
ずっと ぴこちゃんの 隠れファンでした。

鳥さんが大好きで、飼いたくても飼えず ぴこちゃんの存在にいつも笑顔になれた私です。お気に入りに登録して ぴこちゃんに会いに来ていました。


お慰めの言葉も見つかりませんが、一言お礼を。

ぴこちゃん ありがとう。大好きだよ。ママを見守ってね。
2014.05.23 11:19 | URL | #Gp.nOQz6 [edit]
かお says..."けーちさんへ"
久しぶりの再会がこんな形で直ぐに
お別れになってしまって私も寂しいです。
もっともっと元気な姿を見て欲しかったのに。。
覚悟はしていても別れは辛いものですね。
でもずっと頑張り続けたぴこを少し休ませて
あげたいと思います。
ずっと一羽飼いだったから皆と仲良く出来るか
心配ですが、けーちさんが伝えてくれたなら
大丈夫だよね。
ぴこが間違わずにウチに帰ってこられるように
私も頑張ってお花を育てます。
優しいお言葉をありがとうございました。
2014.05.23 16:01 | URL | #- [edit]
かお says..."machiさんへ"
何て書いて良いか考えちゃいますよね。笑

もうだいぶ落ち着いたので大丈夫です。
お気遣いありがとうございます。
私より何倍も、それこそ命をかけて
ぴこは私達家族を愛してくれました。
その想いを悲しみで曇らせてはいけませんね。

またいつの日か会えることを信じて
進んでいこうと思います。
今までぴこを可愛がってくださって
ありがとうございました。
2014.05.23 16:05 | URL | #- [edit]
かお says..."もっちゃんママさんへ"
もっちゃんママさんにもついこの間、
誕生日おめでとうって言ってもらったばかりなのにね。
ぴこもとうとう虹の橋で旅立ちました。
今頃むーちゃんや綾子ちゃんに会えたかしら?
悲しい記憶を思い出させてごめんなさい。
ママさんもご存知のとおり
ぴこにはずっと頑張らせてしまったので
ゆっくり休ませてあげたいです。

とり子は中2になってますます忙しくなるし
ぴこは冬からずっと不調で放鳥が出来ないし
でほとんど触れ合えない状況が続いていました。
そのせいかもっちゃん程は取り乱さなかったです。
感情を表に出すのが下手な子なので
心の内は分かりませんけどね。

私もだいぶ落ち着いてきました。
まだまだ立ち止まってしまうことも
多いけど、時間の流れに任せて
ゆるゆると頑張ろうと思います。
今までぴこのことを可愛がってくださって
本当にありがとうございました。
2014.05.23 16:15 | URL | #- [edit]
かお says..."naonao  アトリエグリーンベルの言の葉さんへ"
ぴこに隠れファンだなんて。。
自咬み症だったあの子は決して可愛いという
外見では無かったのに。。
嬉しいお言葉ありがとうございます。
たくさんの方に見送っていただけて幸せです。
今までぴこを暖かく見守ってくださり
ありがとうございました。
2014.05.23 16:18 | URL | #- [edit]
kinomi* says...""
ピコちゃん逝ってしまったんですね・・
鳥さんやわんこや猫ちゃんは
飼ったら必ず先に逝ってしまいます。
いつかその日がくるのは
わかってるけど
とてもつらいことです。

ピコちゃんかおさんの大変な姿を見ていて
がんばってたのでしょうか・・
そう思うと胸が締め付けられそうです。

私も飼っていた鳥さんや
わんこたちを何度か見送りましたが
いつも最後を見とってあげてないのです。
それを友達に話した時に
大好きな人がそばにいてると
名残惜しくて逝けないんだよと
言ってくれました。
ずっと悔んでいたのですが
それを聞いた時
少しだけホッとしたのを
覚えています。

ピコちゃんもきっとそうだったのではないかな。
かおさんがそばにいると
離れずらかったんだよ。

かおさんも看病お疲れさまでした。
ピコちゃんのご冥福をお祈りいたします。
2014.05.23 21:48 | URL | #fie2gk2Q [edit]
かお says..."kinomi*さんへ"
ずっと具合が悪かったので覚悟はしていたのですが
いざその時が来ると、辛いものですね。
家がとても広く感じられて寂しいです。。。

kinomiさんのお友達が仰ったこと
私も同じようなことを考えました。
動物が仲間に自分の最後を見せないのは
一番悲しい記憶を残さない為なんじゃないかなって。
最後を看取るというのは難しいことですね。
kinomiさんの悲しい記憶を呼び覚ましちゃったらごめんなさい。
コットンちゃんの可愛いお顔を見て、
今を幸せに過ごしてくださいね。

今までぴこを可愛がってくださって
どうもありがとうございました。
2014.05.23 22:38 | URL | #- [edit]
マーク says...""
はじめまして。以前、オリンパスのE-520のことを検索していて、
こちらのブログにたどり着いた者です。

>最後の最後まで私は間違えてしまった。

偉そうな事は言えませんし、軽々しく見ず知らずの僕が言えることではありませんが、
ブログ主さんがピコちゃん(なんだか馴れ馴れしくてすみませんm(_ _)m)を、
とっさに病院に連れていったことは間違いではないように感じました。

仮に病院に連れて行ってあげてなかたら、もしかしたら「あの時、病院に連れて行ってあげていれば・・」と後悔してしまったかも知れないですしから・・・
でも、「私の手の中で逝かせてあげれば良かった。」というお気持ちも痛い程わかります。

結局、どっちなんだよ!という感じで、なんだかまとまりのないコメントになってしまいましたが、
僕にも目に入れても痛くない、かわいい弟(黒柴)がいましたが、今は天国に暮らしています(^_^)
なのでブログ主さんと同じような経験をしたことがあり、今回の記事を読み、ついついコメントをしてしまいました^^;

ぴこちゃんの安らかなお顔を拝見するに、きっと幸せな生前だったと感じました。
長々と失礼いたしました。
2014.05.23 23:04 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.05.25 07:27 | | # [edit]
ごえはは says...""
ぴこちゃん
あたしは未だに逃げてて気づけなくて、遅くなってしまいました。
あー・・・
ぴこちゃんは心のどこかで、大丈夫って思ってて・・・
頑張ってた、本当に。
かおさんもぴこちゃんもご家族も。
いつか会いに・・・と思っていたのに。
ごえしんちゃの時に沢山お言葉を頂いたのに
やはり言葉が詰まってしまって、
涙ばかりで上手く言えなくてごめんなさい。
最後のお顔がとても安らかで微笑んでいて
あー幸せだったんだね、って思います。

本当に心からぴこちゃんのご冥福をお祈りいたします。

ayameさんのお話。
何だか笑っちゃうくらい想像がつくというか(笑)。
やっぱりしんはそういう役目だよなーとか。
ぴこちゃんに呆れられなければいいのだけれど・・・心配w
きっときっと、向こうでは
沢山のお友達がいるから寂しくない。
あたしたちのこと、あーあ、また泣いてぇ・・・なんて見てるかもしれない。
人ってほんとに弱いですよね。
そんなあたしたちをずっと愛してくれる、愛おしい仔達に出会えた事に感謝。
小さな命に感謝ですよね。

あ、他の方のコメントにもありましたけどね。
病院の件。
間違えたって思わないで欲しいなってあたしは思います。
そういう後悔は絶対あります、ほんと、正直。
あたしもそうだった。長期入院のこととかね。茶々の手術とかね、いろいろ。
ただ奇跡的にみんな看取ることは出来たけど。
だからすごく気持ちはわかります、痛いほど、辛いほどわかる。
あの時、というのを納得も出来ないと思います。心からは。
でも正解はないんです。たぶん。
どの選択をしたとしても、後悔になります。
でもその辛さもやっぱり愛情なんです。
ごえの記事と時に書いたのですが、
「後悔とはかつてそこに愛があった証である」
これで少しだけ救われたんですよ、あたし。
なんだか臭い事言ってますが(苦笑)。
ま、それでもまた新しい命をお迎えする勇気はでないですが(苦笑)。
まだまだ時間はたっぷりあります。
ゆっくり、ゆっくりと進んでいきましょうね。
あたしたちがいくまで、あの子達は時間もわすれて遊んでることでしょうしね^^。

さてさて「雨降り地区」はどうなったかなぁ~
天気雨みたいなったかな?
ごえやみんなが持ってきたバケツの水は
大騒ぎしたしんに倒されて水たまりに!
それをみて目を輝かせたしんが水浴びを初めてしまったよ!
ごえはあわてて新しい水をくみに
綾子ちゃんはしんを叱っています(笑)
そんなあわただしい様子をみて
ぴこちゃんもクスッと笑ってるみたい^^
そろそろ綺麗な虹がかかるかな?

相変わらずの長文でちぐはぐな文章でごめんなさいね。




2014.05.27 12:02 | URL | #/5YrZloM [edit]
かお says..."マークさんへ"
はじめましてがこんな暗い記事ですみません。^^;
マークさんが仰ってくださったように
どんな選択をしてもきっと後悔するんですよね。。。
悲しいお別れを経験しているのは
私だけじゃないんだと思うだけでも救われます。
ぴこにお悔やみのお言葉をありがとうございます。
ぴこも可愛い弟くんと共にお空で楽しく
過ごしていると良いなぁって心から思います。


2014.05.28 09:28 | URL | #- [edit]
かお says..."鍵コメYさまへ"
Yさまも悲しいお別れがあったのですね。。。
自分の事ばかりで全然気付かなくてごめんなさい。
想い出の中だけ。。。本当に寂しいことです。
でもこうして多くの人に見送っていただけて
あの子は幸せだと思います。
誰に気づかれることもなくひっそりと旅立つ動物
も多いのですから。
暖かいお言葉ありがとうございます。
Yさまもご家族と幸せな毎日をお過ごしくださいね。
2014.05.28 09:37 | URL | #- [edit]
かお says..."ごえははさんへ"
ごえははさん~、ぴこもとうとう虹の橋に旅立ってしまいました。・゚・(ノД`;)・゚・
ごえははさんはぴこの命の恩人だし、メールでご報告しようかとも
思ったのですが、仕事も始めて頑張ってらっしゃるのに
また昔の事を思い出させるのも申し訳ないし。。。
などと悩んで結局ご報告が遅れてしまってごめんなさい。

もしかしたらあの時に逝ってしまっていたのかもしれないと
思えば、ぴこは本当によく頑張ってくれました。
小さな命に教えられてばかりで守ってあげられなかった。。。
あんなに頑張ってたごえははさんが後悔するくらいなら
私が後悔してもおかしくないよね。苦笑
出来るならぴこをお迎えした時に遡って
全てをやり直したい気持ちです。
でもそうしたら楽しかった思い出やブロ友さんとの
出会いも無くなっちゃうんだと思うとそんなのイヤだし、
全ては決まっていた事なのかもしれませんね。。。
私の胸に空いた穴も無理に埋めようとせずに
時間に任せてそのままにしておきます。
こうして寄り添って話を聞いてくれる友達が居るから
毎日普通の生活が出来ているんだと凄く感謝してます。
お互いにいつかまた新しい家族を迎える日が来たら
また親バカ話で盛り上がりましょうね。

一羽飼いだったぴこがみんなと仲良くやれてるか
心配だったけど、ごえ・しんちゃんが居てくれれば心強い。
ムードメーカーのしんちゃんと優しいごえちゃん、
しっかり者の綾子姉さん。吉本新喜劇みたい。笑
そんな騒ぎをちゃーちゃんも呆れ顔で見てるんじゃないかしら?
皆、ぴこを宜しくね。

今までぴこを可愛がってくださり、本当にありがとうございました。
ごえははさんも体に気をつけて、頑張り過ぎないように
頑張ってくださいね。



2014.05.28 10:02 | URL | #- [edit]
ことり says...""
しばらくパソコンの前から離れてしまいいい加減ブログも見ないとと・・・
体調を崩してた ぴこちゃん元気にしてるといいなって
真っ先に開いて見た かおさんのブログ・・・

よく頑張ったね!
ぴこちゃんもかおさんも。
頑張ったぴこちゃんのお顔、見せてくれてありがとう。
エリカラもとれて本当に良かったね。

今は なかなか前を向けないかもしれないけれどエリカラの友として
色々 かおさんやぴこちゃんに励まされ勇気づけられました。
これからも悩める病鳥さん、エリカラ予備軍さんのいいお友達でいてください。

本当に本当にぴこちゃん、かおさん、がんばったね。
2014.06.01 17:33 | URL | #- [edit]
かお says..."ことりさんへ"
ことりさんにもぴこの最後のお顔を見てもらえて
嬉しいです。
数少ないエリカラ仲間だったから。。。
私もいつも元気で前向きなココちゃん&ことりさんの
姿にたくさん励ましていただいていました。
最後まで頑張ったぴこを褒めてくれてありがとう。
今は痛みや苦しみも無く穏やかなに眠っていると思います。

毛引きはなかなか治らないからことりさんも大変だと思うけど
丸ごとのココちゃんを変わらず大切にしてあげてくださいね。
笑顔で過ごす日々が続くようぴこと一緒に願っています。
2014.06.03 00:47 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kotori217.blog.fc2.com/tb.php/730-ca3f6a5c
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。