小鳥と私と小さな庭 | お花とインコと手作りが大好き。広くあさ~く楽しんでます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by かお on  | 

退院しました!そして冬の多肉たち

土曜日にICDの埋め込み手術を終えた主人が退院しました。

なんだかとってもホッとして・・
あくびが連発 笑

娘と二人、女同士普通に気楽に過ごしていたつもりでも
やっぱりいつもどこか少し不安で緊張していたようです。

同じ部屋に居なくても、家のどこかに主人が居ると思うと安心出来る。


大変な1週間だったけど家族の絆は深まったようです。
でも彼に頼っていた部分が大きかった事を思い知り
もう少ししっかりしなくちゃ自分!と渇を入れたりして 笑

まだ皮膚の中でICDが動く感じがあるらしく(痛そうでしょ?)
まだ養生中ではありますが
後は時間と共に慣れていくしかないのでしょう。

支えてくださった皆様に改めて感謝申し上げます。




それにしても今日は寒いっ!!
昨日が暖かかっただけに、寒さが身に沁みます(><。


ベランダで冬越し中の多肉にも沁みているだろうなぁ。

フローラさんの園芸教室で作った寄せ植え。
”ファンファーレ”はくらげみたいになって

fan.jpg

”ピーチプリデ”が巨大化してバランスが崩れつつあります(^^;


でも火祭りだけは見事に真っ赤!

fan1.jpg


ルビーネックレスにも蕾が付きました。

fan2.jpg

可愛い黄色の花が咲くのが楽しみです♪

”ハムシー”の先に出現したモケモケは蕾でしょうか?

fan3.jpg

力強く上に首を持ち上げる姿に私の期待もUP↑


秘蔵っ子の”高砂の翁”だけは夜間は室内に取り込んでます。

fan4.jpg

他の子はもうちょっと頑張ってもらおうと思ってたんだけど
予報では今日の最低気温は4度。

fan6.jpg

不織布くらいかけようかな(^^;

周年楽しめる多肉たち。今年の冬も頑張ろう☆

にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

Posted by かお on  | 14 comments  0 trackback

ブッシュオキザリス

昨日主人の病院に行って来ました。
日に日に元気になっているようで、顔を見ると安心します。

胸の傷も綺麗で、埋め込んだICDもパッと見では分からない程です。
ちょっと左胸だけ胸板厚いかな~って感じ。
でも本人にすると左胸だけ重くなって体のバランスが崩れるのか
非常に肩が凝ると言ってました。

明日は抜糸とICDの作動検査をするそうです。
もし見たければ同席して良いよと先生が言ってくださったので
ちょっと怖いけど今後の為にも行って来ます。

本人は寝てるから何も感じないらしいけど
どんな風にショックを受けて目覚めるのか・・

しかも撮影もOKなんですって。
とっても気さくなE先生。時に厳しく、時に優しく、本当に頼りになります。
その様子見たい方います?悪趣味ですよね(^^;






さて、庭では数ヶ月間悩んで結局買った
”ブッシュオキザリス”に花が咲きました!

oki2.jpg


憧れのブロガーさんの写真で拝見する姿は美しいのに
上手く撮影出来ません。

oki.jpg

お花ももっと淡い黄色なんだけどな~。朝の光は強烈過ぎ。


寒すぎるのもダメ、暑いのも苦手。
なかなか気難しい子のようなので、お世話に気を使いそうです。
見た目は剛健なカタバミそっくりなのにね~。


本家本元のカタバミは寒さで姿を消しつつあります。

oki3.jpg

ミセバヤの鉢を占領してたのに、今は残り僅か。
きっと種があちこちに飛んでるでしょうから
春になったらまた私とカタバミの戦いが始まるでしょう( ̄▽ ̄) ニヤ

肝心のミセバヤは夏の暑さでかなりダメージを受けました。

oki4.jpg

蕾は付いたけど咲くんだか、咲かないんだか・・
春に植え替えたら復活するかしら??


そうそう主人の不在でちょっと元気の無いぴこですが

今日は久しぶりにお散歩しました。

oki5.jpg


何気に留守録のボタンを押したら主人の声が流れてきて
「!?」って感じでキョロキョロ。
声はするのに何で居ないの?と不思議そうにしてました(笑
こんな小さな頭ですがキチンと憶えているんです。

もう少しでおとうに会えるから、あと1日お留守番宜しくね☆


にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

Posted by かお on  | 6 comments  0 trackback

冬のはじまり

いよいよカレンダーも残り1枚となりました。
年々時間が経つのが早く感じられるのは何故なんでしょう。

でもこの1週間だけは長かった気がします。
主人がEPS検査を受けた日から、また眠る事の恐怖に取り付かれ
夜は布団の中で悶々とし、昼は眠くてフラフラ~な日々を送っていました。
仕事中に強いプレッシャーを感じると主人は具合が悪くなっちゃうし・・
本能的にAEDを受けた時の事をフラッシュバックしちゃうみたいです。
死の恐怖を味わった彼に「そんなの気のせいだよ~」と軽くは言えませんでした。
私が言う「大丈夫」には何も力が無いんだ・・と思うと
疲れもあって落ち込みましたが、月曜日に実家に帰省して
元気な甥っ子、姪っ子達にパワーを貰って復活!

担当医もそんな彼の状態を心配してくださったのか、
明日、ICD(植え込型除細動器)を付ける手術をする事になりました。

余りに急でそれはそれでまた不安になんですけど(苦笑
我ながら勝手な物です。





そんな人間の喧騒などお構いなしに庭のお花達はマイペースに成長してます。


長い間楽しませてくれた我が家のバラ達もそろそろ休眠の時期に入り
まだ咲いているのはポリアンサローズ”オレンジマザーズデイ”くらい。

orenji.jpg


この子も春先にはうどん粉病でだいぶ葉を落としたんですが
お日様と風の力で復活☆
ディックコースターの枝代わりでコロンとした形と優しいオレンジ色
に癒されます。


一季咲きのオールドローズ”ファイルフェンブラウ”には真っ赤になったローズヒップ

oremji1.jpg

四季咲きのバラでは味わえない愉しみ。
もう収穫出来るかな?


夏の終わりにお店の片隅で投売りされていたカランコエ”白銀の舞”(多分)にも変化が。

kara.jpg

植え替えた時にはコガネムシの幼虫がゴロゴロ出てきて散々な思いをしました。
ゆうに30匹は居たと思います。

根もだいぶやられていたのに、綺麗な新芽が出てきました!

kara1.jpg

ちゃんと白いお粉をまとった小さなお手て。
冬越しの為にもう少し暖かい場所に移動せねば。


適切な時期に適切な治療をすれば、植物達は見違える程元気になってくれます。

勿論上手くいかない時もあるけど、そういう時は必ず私がお世話をサボっています。

今回の主人の手術も適切なものであると信じています。
二人で何度も話し合って決めました。
装置を付ける事によって、少なからず生活に不便は生じてしまうのだけれど
このまま付けず生活してたら精神的にまいって別の病気になりそうなので(苦笑


どうか無事に終わる事を祈ってやってください。


ぴこも大好きなおとうが居なくて寂しいだろうけど
1週間の我慢だからね。

kara2.jpg


まっ茶色でガサガサのろう幕。
原因の一つが入院中に発情も収まる事を祈りたいです(^^;

にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

Posted by かお on  | 12 comments  0 trackback

ご報告

健康診断でブルガダ症候群の疑いありと診断された夫。

より詳しい検査入院の結果、当たってしまいました・・・。


日頃、俺は絶対に宝くじに当たるんだと豪語していた彼ですが
千分の一の確率で病気に当たりました(T0T)

ハハ、笑えませんね。


「死にかけました・・」
のタイトルでメールが来た時は目を疑いプチパニック。
隣にいた娘の方がよっぽど冷静だったりして(^^;

太ももの付け根から血管をつたって心臓までコードを通して
心臓に電気刺激を与える検査だったんですが
意識を失ってAEDを受けて回復したそうです。

恐らく機械を体に埋め込む事になると思います。



でも散々迷ったけど検査を受けて良かったです。
もし様子を見ていたら、突然いなくなってしまう可能性もあったのだから。
後押ししてくださった皆様にも感謝しています。


今後の予定はまだ分からないけど、時間のある時は
今まで通りブログの更新はしていくつもりです。
主人がいなければお店も出来ないし。
ブルガダ症候群という病気が新しく、患者さんも少ないせいか
情報が少なくてネットで検索してもあまり出てこないんですよね。
費用の事とか、予後の事とか同じ病気の方と情報交換出来たら良いなぁと思って。

勿論今までどおり、お花やぴこの事も綴っていきます^^
仲良くしてくださってる皆様、お騒がせしてスミマセン。
新たなカテゴリが増えましたが、これからもどうぞ宜しくお願いします!


人生イロイロありますが、とにかく生きているんだもの。
前に進まなくちゃね。
ただ、頭に馬鹿が付く位バイクが好きな人なので、
運転が出来なくなるのか、それだけが心配です・・。

buru.jpg

Posted by かお on  | 18 comments  0 trackback

ブルガダ症候群

皆さん、ブルガダ症候群ってご存知ですか?
私は先月始めてこの病気を知りました。


主人が受けた市の健康診断の結果通知に記載されていた言葉です。

初めて聞く病名に何のことやら???

早速ネットで調べてみると、不整脈による突発的な心停止が起きる、
突然死の原因に多いとされている症状だと分かって驚愕。


1000人に1人の割合で40代以降の男性に多い病気らしく
自覚症状がほとんど無いので気付かずに生活している方も多いみたいです。


今回の検診で見つかって良かったような・・悪かったような。

全く自覚症状は無いのに急に心配になっちゃって
眠れぬ夜を過ごし、返って体調を崩したりして(苦笑


確かにいつ心臓が止まってもおかしくないと言われれば不安になりますよね。


私も数日間は色んな事が頭をよぎりましたが、現時点で痛みや苦しみがある
わけではないので、末期がんで余命を宣告された方に比べれば何百倍もマシかと。


いつ死ぬか分からないなんて、誰でも同じじゃないですか?
こうして暢気にブログを書いている私が明日交通事故にあってこの世を去る
ことだってあるかもしれない。

まあ、そうは言っても当の本人はなかなかそうは思えませんよね(^^;


火曜日に検査の結果を聞きに行ったら、主人の場合血縁者に突然死をした者も
いないのでガイドラインに沿っていえば様子を見ても良いのではないか。
(遺伝的な要素が大きいそうです)

ただリスクが無い訳ではなく、もし発作が起きれば万が一の事もありうる。

先生の個人的な見解からすればカテーテル検査を受けた方が良いような口調でした。


ブルガダ症候群という病気が発見されてまだ日が浅いようで、医師の見解も分かれているようです。
たまたまこの先生はこの病気の研究もされていて、ガイドラインの作成にも携われた人にそう言われたら不安になりますよね~!!


1泊2日の入院で検査費用は3割負担でおそらく10数万円。
先生の常勤している病院は他県でウチから2時間以上かかる場所。
当然その間はお店は休業。
もし万が一検査で問題が発覚すればその場でペースメーカーのような機械を埋め込む事になる。
そうなれば99%はその後の心配は無くなるんだけど・・

それはカテーテル検査の結果次第。
しなくても良いかもしれない検査を受ける必要があるのだろうか?


私達夫婦の頭の中はグルグル巻き状態(T0T



答えが知りたかった訳ではなく気持ちを整理するつもりで書いたんだけど
全くまとまりが無い文章になってしまった・・
読んでくださった方がいたら申し訳ありません。

検査を受けるかどうかは家族や友人にも相談して決めたいと思います。
もし同じ症状を経験された方がいましたら、参考までにお話をお聞きできたら嬉しく思います。



人間、何が起きるか分かりませんね。
検診の前と後でまるで世界が変わったようです。
後悔の少ないように毎日を大切に生きなくては。



まあでも、直ぐに決めなくちゃいけないわけでもなく、いつもと変わらぬ生活を送っているのでご心配無く^^
私もここに書いて少し気持ちがスッキリしました。


皆様もくれぐれもお体は大切に!どうぞご自愛くださいませ。

Posted by かお on  | 10 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。